北村紗衣がオンラインイベント「英語
でシェイクスピア演劇を楽しむ」

「さえぼー(saebou)」としてTwitterで人気を博すシェイクスピア研究者・北村紗衣によるオンラインのトーク&交流イベント「英語でシェイクスピア演劇を楽しむ」が、2020年10月20日(火)19時より開催される。本イベントは、演劇・映画・ドラマなどの批評家としても活躍する彼女の新刊『不真面目な批評家、文学・文化の英語をマジメに語る 2』の出版を記念したものだ。株式会社アルクのWebメディア「ENGLISH JOURNAL ONLINE」上でおこなわれる。
北村紗衣は武蔵大学人文学部英語英米文化学科准教授。ロンドン大学キングス・カレッジで博士号を取得し、一般向けのコラムや本、講演会、講座、Twitterなど幅広い領域をまたにかけ活躍する。2020年4月に「ENGLISH JOURNAL ONLINE」での連載をまとめた電子書籍「EJ新書」シリーズの本『不真面目な批評家、文学・文化の英語をマジメに語る』を出版、10月にはその続編『不真面目な批評家、文学・文化の英語をマジメに語る 2』も発売となる。
イベント内容としては、北村によるトーク(作品とセリフの解説)、参加者による『ロミオとジュリエット』のセリフ音読、チャットでのQ&Aなどが予定されている。オンラインとはいえ、ZOOMを利用しての定員わずか20名なので、希望者は急ぎ申し込んだほうがよさそうだ。
<北村紗衣からのメッセージ>
新型コロナウイルスのせいであまりお芝居を見に行けない方も多いと思いますが、見に行けないなら自分でやってみるという手もあります。 みんなで『ロミオとジュリエット』を音読して、ディスカッションしてみませんか?
<北村紗衣プロフィール>
武蔵大学人文学部英語英米文化学科准教授。著書に『シェイクスピア劇を楽しんだ女性たち──近世の観劇と読書』(白水社、 2018)、『お砂糖とスパイスと爆発的な何か──不真面目な批評家によるフェミニスト批評入門』(書誌侃侃房、 2019)、『不真面目な批評家、 文学・文化の英語をマジメに語る』(アルク、 2020)など。ブログは、https://saebou.hatenablog.com/

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着