Lead「Tuxedo~タキシード~」煌びやかな歌詞に綴られたメッセージとは?

Lead「Tuxedo~タキシード~」煌びやかな歌詞に綴られたメッセージとは?

Lead「Tuxedo~タキシード~」煌びや
かな歌詞に綴られたメッセージとは?

レトロでかっこいいダンスナンバー

▲Tuxedo〜タキシード〜 / Lead【Music Video】
9月23日に発売されたLeadの33枚目シングル『Tuxedo~タキシード~』は、今までのLeadのカラーとは異なり、1950年代から70年代のアメリカを思わせるロカビリーなダンスナンバーです。
1950年から70年代のアメリカと言えば、文化が著しく成長し、華やかで個性が溢れる派手な時代。いわゆる黄金時代とも呼ばれています。
そんなエネルギッシュで華やかな時代をイメージさせる歌詞にはどのような意味が込められているのか考察していきます。
青春時代の出会いを描く
この楽曲の歌詞の内容は、学生最後に行われるプロムの夜、彼女との日々を振り返る男性が描かれているのではないかと考えられます。
Tuxedo~タキシード~ 歌詞 「Lead」
https://utaten.com/lyric/tt20082101
彼女を迎えに行くプロム当日。
「かつてないほど隠せない鼓動」と男性の緊張感が伝わってくるようです。
特別な夜のために用意した「カブリオレ」。
高級なオープンカーで迎えに行くことは、自分のスペックの高さをアピールするためではないでしょうか。
しかし肝心な時にも関わらず、彼女を待たせてしまい機嫌を悪くさせてしまったという失敗も。
彼女の不機嫌そうな顔を見た時はひやりとしたかもしれませんが、そんな失敗談も、今は楽しかった思い出の1つなのでしょう。
好きな人には格好よく見られたい
Tuxedo~タキシード~ 歌詞 「Lead」
https://utaten.com/lyric/tt20082101
先程の「カブリオレ」とは対照的な「ポテト」といった言葉が登場します。
ここから推察されるのは、男性は庶民的なのかもしれないということです。
高級車で見栄を張っているけれど、実はごく一般的な学生なのでしょう。
好きな人には格好よく見られたいと時にはファンタジーな物に惑わされる時もありますよね。
若気の至りもありつつ、カフェで夢を共有したり、デートをしたりと何気ない普通の日々が男性にとっては愛おしいものだったのではないでしょうか。
プロムの夜は何もかも忘れて踊ろう!
Tuxedo~タキシード~ 歌詞 「Lead」
https://utaten.com/lyric/tt20082101
ライバルだったスケートボーダーと遭遇。もしかしたら彼女を巡って争ったことがあるのかもしれませんね。
いつもならきっと文句の1つや2つ、お互いに言い合っていたでしょう。
けれども、今宵は学生最後のプロムの日。
こんな時に言い合いをするなんてもってのほかですよね。
今夜だけはライバル関係も一時休戦をして、今までの日々を語り合ったのではないでしょうか。
今この瞬間を楽しむ
Tuxedo~タキシード~ 歌詞 「Lead」
https://utaten.com/lyric/tt20082101
青春時代という限られた時は、二度も戻ることができません。
格好つけて失敗したことや些細なことで喧嘩をしたこと。
恥ずかしくて思い出したくない出来事もあるけれど、今この時が楽しいと思えるのであれば、そういった経験も悪いことではないのかもしれません。
そんな青春時代の経験は「Step to the World,Our Future」の歌詞へと辿り着く。
今を楽しむことで未来へと繫がるというメッセージが、煌びやかな歌詞に込められているのでしょう。

TEXT からふるライダー

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

新着