劇団「未来演劇部」、ノスタルジック
な秋の二本立て公演『無風』『あの匂
い』初日前にキャストコメントが到着

2020年9月29日(火)~10月4日(日)Theater新宿スターフィールドにて、未来演劇部 第三弾ノスタルジックな秋の二本立て公演『無風』『あの匂い』が上演される。9月28日(月)初日を前にキャストが囲み取材を行い、コメントが到着した。
チームA:秋葉七海/坂本雛実/紗也歌/高瀬英璃/元松あかね/森亜沙奈/高尾美有
左より:秋葉七海/坂本雛実/紗也歌/高瀬英璃/元松あかね/森亜沙奈/高尾美有
秋葉:チームがまとまってきたので、本番がめちゃめちゃ楽しみになってきました。楽しみに待っててください
坂本:このメンバーの中で唯一新メンバーで、最初、皆さんとどう稽古を合わせていけばいいのかな、と不安だったんですけど、徐々に皆さんにも慣れてきて、仲良く稽古もできて、無事本番を迎える事ができました
紗也歌:今回は、前回とは違ってみんなで話し合いながら1から作っていく作品だったので、「ドレミの歌」とは違った面白さを、沢山の人に観て頂きたいです。
高瀬:『ドレミの歌』初演ではチームが違ったので、皆さんの事は知ってはいたけど、このキャストでお芝居するのは初めてなので、頑張ります。よろしくお願いします。
元松:前作『ドレミの歌」とは全然違うテイストで元気なメンバーがそろっているので、逆に苦戦する部分も多かったんだんですけど、初日を迎えてどんどん良くなっていくように頑張りたいと思います。
森:このメンバーと去年11月に出会って、もう1年間一緒にいるんですよ。タイムラグを感じないくらいほんとにみんな仲良くて、このメンバーを信じて、皆さんにお届けしたいと思います。よろしくお願いします。
高尾:今回、私は「むかぜ」のみ(メンバーから『無風(むふう)』だよ!とツッコミ)違った。今回、後ろに文字が出たり、新しい舞台になっていて、最近、悲しいニュースが多いんですけど、この作品を見て頂いたら、何も考えずに楽しめる作品になっているので、沢山の人に観に来て頂きたいです。
秋葉:前の作品とかは、歌って楽しい学園ものだったんですけど、今回、演劇的で、お客さんも演じる私たちにも生きるヒントが散りばめられている作品なので、最後まで丁寧に演じたいです。
チームB:植万由香/上大迫祐希/小糸里奈/佐々木ありさ/永瀬真悠/藤本海咲/夢羽菜
左より:植万由香/上大迫祐希/小糸里奈/佐々木ありさ/永瀬真悠/藤本海咲/夢羽菜
植:このメンバーで最後のシーンまで、丁寧に繋げて懐かしい想いを馳せられるような世界を作っていけたらなと思います。
上大迫:前回は男子校版ですこし出させて頂いて、今回、こうやってきちんとセリフのある役を頂いて、しっかり私の出来る事を頑張っていきたいです。
小糸:私も男子校版に出させて頂いて、今回はセリフがある役なので、凄くうれしいです。前回と違ってノスタルジックな所や笑いの部分もあるんですけど、ちょっと前作とは空気が違う面白さがあるので、ぞんぶんにその魅力を出せたらいいなと思っています
佐々木:このシュールな世界観をこの七人のメンバーで作っていくのが楽しくて、本番を迎えて最後まで丁寧に頑張ろうという気持ちでいっぱいです。
永瀬:この七人で、芝居を丁寧に作り上げてきましたので、観た人の心に何か残すことが出来たらいいなと思います。
藤本:稽古中からみんな可愛くて、稽古するうちにさらにさらに可愛くて、みんなのリップの色を見るのが今すごく楽しいです。観に来てくださった方が、この秋の思い出は、『無風』『あの匂い』と言ってもらったらうれしいです。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着