宇多田ヒカル「誰にも言わない」で描かれる欲望と覚悟

宇多田ヒカル「誰にも言わない」で描かれる欲望と覚悟

宇多田ヒカル「誰にも言わない」で描
かれる欲望と覚悟

誰にも言えない秘密の関係

宇多田ヒカル、新曲「誰にも言わない」CMで一部解禁 自然の鼓動を全身で感じる 『サントリー天然水』新CM「光も風もいただきます。」篇&メイキング
『誰にも言わない』は、2020年5月29日に発売された宇多田ヒカルの配信限定シングルです。
自身が出演しているCMに起用されているので、耳にした人も多いでしょう。
かなり複雑なリズムと美しいメロディーが印象的な曲で、彼女のセクシーな歌声もとても魅力的です。
さっそく歌詞の意味を見ていきましょう。
誰にも言わない 歌詞 「宇多田ヒカル」
https://utaten.com/lyric/mi20050715
生きていく中で多くの出会いと別れがあります。
誰かと人生の時間を共にすることは素晴らしいことですが、その関係が悪化した時には多くの痛みを伴う経験となるでしょう。
ここでは傷ついても良いから一人で生きるのではなく、誰かと一緒に居たいという想いが描かれています。
過去に痛みを味わい、傷ついた経験があってもなお「君」に近づいてしまう。
「誰にも言えない」二人の関係は不倫のような秘密にしておくべき関係なのかもしれません。

誰にも言わない 歌詞 「宇多田ヒカル」
https://utaten.com/lyric/mi20050715
英語の歌詞を和訳して意味を見てみましょう。
「友だちには言えない。彼らは心配するだろうから。私の身に起こることに対して、他の誰のせいにもするつもりはないわ。」といった意味になります。
友人にも誰にも言えない「君」との関係。
傷ついたとしても、何が起こったとしてもそれは自分の責任です。
誰のせいにもするつもりはないという決意と覚悟がうかがえますね。
直接的な欲望の表現
誰にも言わない 歌詞 「宇多田ヒカル」
https://utaten.com/lyric/mi20050715
私は傷ついても構わないし何が起こってもいい。
自分で責任を取るのだから、誰に何かを言われる筋合いもありませんよね。
それが、単なるワガママだということを主人公も理解しているようです。
結局、自分を曲げるのではなく、自分自身でいることを選択した主人公。
欲望に忠実な主人公は「今、この時」が全てだという刹那な感情が溢れているようです。
「まわり道には色気がないじゃん」というフレーズも印象的です。
主人公の欲望はさらに直接的になっていきます。

誰にも言わない 歌詞 「宇多田ヒカル」
https://utaten.com/lyric/mi20050715
「貴方は私を満足させてくれるの?ねえ、私が何を求めているかわかってるでしょう 私はただあなたの体が欲しいだけなの」といった意味です。
まわり道せずに、君の体を求める主人公の欲望が表現されています。
ここにあるのは、何を言われても関係ないという強い思いです。
自分の欲望と刹那な快感に対する純粋な肯定を真っすぐに描いています。
宇多田ヒカルの表現の強さを感じられると思います。
自分の感性を磨くために
誰にも言わない 歌詞 「宇多田ヒカル」
https://utaten.com/lyric/mi20050715
最後にこの曲のテーマというべきフレーズが登場します。
「感じたくないことも感じなきゃ 何も感じられなくなるから」
傷ついても何を言われても欲望に従って危険な関係に身を投じる主人公。
それは「何かを感じる心」を失わず、感受性を磨き続けるためなのです。
最も恐ろしいのは「何も感じられなくなる」こと。
そうならないために、痛みを感じることをも肯定しているのです。
宇多田ヒカルが伝えたかったのは、感性を磨くことの重要性だったのかもしれません。

TEXT まぐろ

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着