宮本浩次、音楽番組『The Covers』で
2週連続『宮本浩次ナイト!』 「昭
和の女唄」をカバー&小林武史とのス
ペシャルトークも

宮本浩次がNHK BSプレミアムの音楽番組『The Covers』(日曜・夜10:50)に出演することが発表された。
10月シリーズの幕開けは、先日初のカバーアルバム『ROMANCE』を11月18日に発売することを発表した宮本浩次が登場し、2週に渡って放送するスペシャル企画『宮本浩次ナイト!』。エレファントカシマシとして、そしてソロの歌手として、番組で数々の歌姫名曲カバーを披露してきた宮本が、新たな「昭和の女唄」カバーに挑む。1週目(10月4日OA)は、『昭和の歌姫名曲を、唄う』と題し、太田裕美「木綿のハンカチーフ」、岩崎宏美「ロマンス」をバンド演奏で、そして梓みちよ「二人でお酒を」は弾き語りで届ける。2週目(10月11日OA)は、『中島みゆき、髙橋真梨子を唄う』と題して、中島みゆき・究極の別れ歌「化粧」、そして髙橋真梨子が2代目ボーカリストを務めたペドロ&カプリシャス「ジョニィへの伝言」を披露。
宮本浩次
また、カバー曲のプロデュース・アレンジを手がけた音楽プロデューサー・小林武史が、演奏のほかトークにも出演する。それぞれの楽曲へのアプローチや、宮本との関係、プロデューサーとして彼に感じる魅力を赤裸々に語る。さらに、宮本が高橋一生に提供した名曲「きみに会いたい-Dance with you‐」をスペシャルアレンジ&フルコーラスでセルフカバー。
宮本浩次 収録感想コメント
久しぶりに、小林さんとバンドのみんなと生演奏をして。番組の収録なんだけど、やっぱり自分にとっては、凄く久しぶりのライブの感覚で、非常に緊張感のある最高の時間でした。
自分はやっぱり歌手なので、大好きな名曲を自分の歌で唄えるというのは、「あ、俺ってこういう歌もうたえるんだ」と。抱きしめたくなるような感覚を、おぼえることもできました。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着