住野よる×THE BACK HORN、コラボ作
品『この気持ちもいつか忘れる』全収
録楽曲と志田愛佳(ex.欅坂46)が出
演する書籍プロモーション映像公開

累計300万部突破の大ベストセラー『君の膵臓をたべたい』を世に送り出した作家・住野よると、その住野が学生時代から敬愛するロックバンド・THE BACK HORNが、小説家とミュージシャンというジャンルを超えた新しい共作となる恋愛長篇小説『この気持ちもいつか忘れる CD付・先行限定版』が本日9月16日に発売された。
本作の付属CDに収録された5曲が初公開され、住野よるが初めに持ってきた物語のあらすじから生まれた楽曲「ハナレバナレ」に続き、「突風」、「君を隠してあげよう」、特設サイトにてリリックビデオが公開されている「輪郭 ~interlude~」、「輪郭」という新曲が収録されていることが明らかになった。
その中の「輪郭」は、『この気持ちもいつか忘れる』作中で異世界の少女が口ずさむ曲をTHE BACK HORNが具現化し、更に歌詞の一部を住野が書き下ろすという本作のコラボを象徴するような楽曲となっている。
また本作の発売を記念して、その収録楽曲「輪郭」を起用した志田愛佳(ex.欅坂46)が出演する書籍のプロモーション映像が公開された。元々、住野のファンだったという志田は2018年に欅坂46を卒業して以来、この映像で2年ぶりのダンスに挑戦。コンテンポラリーダンスを披露した貴重なプロモーション映像となる。
本作は、住野よるがTHE BACK HORNと構想段階から打ち合わせを重ね、創作の過程も共有しながら執筆した作品。小説と音楽の境界を超え、お互いの創作にインスパイアされることで生まれた密接なコラボレーション作品となる。
この発表に先駆けて小説のテーマ曲ともいえる収録楽曲「ハナレバナレ」が唯一の先行配信となっているが、『この気持ちもいつか忘れる』同タイトルで“本文のみの書籍”と“配信音源”は10月19日(月)のリリースとなる。また特設サイトもリニューアルされ、住野よるとTHE BACK HORNが本作について語る貴重な対談記事も公開されている。
■志田愛佳 コメント
志田愛佳
「私自身、住野よる先生の作品を以前から愛読していたので、今回このような機会をいただけて、とても光栄です!
新作小説とともにこの小説プロモーション映像も皆さんに楽しんでいただければと思います。」

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着