『ハイライフ 八ヶ岳2020』

『ハイライフ 八ヶ岳2020』

『ハイライフ 八ヶ岳』2デイズ開催!
おお雨、クラムボンら出演

東京都渋谷区にオフィスを持つアースガーデンが主催する『ハイライフ 八ヶ岳2020』が、山梨県北杜市のサンメドウズ清里にて9月12日・13日の2日間にわたって開催。2日で35組のアーティストが出演し、約3,000人が来場、コロナ対策を取り入れた“新しい時代のフェス”となった。

初日は晴天から霧雨が交互に、2日目は終日霧の立ち込める幻想的な雰囲気となり、約1600mという標高の山らしい天気の中での開催。来場者は事前に、個人情報の登録や接触感染アプリのダウンロード、来場時の検温などを実施するため、一時的に長蛇の列ができたものの、各自前後距離を取って大きなトラブルもなく進んでいった。

会場内メインステージ“ハイライフステージ”には200脚の椅子を一定の間隔を空けて配置し、来場者は着座かその場で立って鑑賞することで、前方が密集しないように対策。観客の集中するライブでも、スタッフの声がけや誘導はもちろん、来場者が自主的に気を使い、間隔を開けたり、マスクを適切に着用するなどコロナ禍の音楽フェスにおける新しい楽しみ方が見受けられとのこと。
※ハイライフ八ヶ岳運営調べ

『ハイライフ 八ヶ岳』は NHK『おはよう日本』にイベント準備段階から密着取材を受けており、運営の裏側から地域の人々の取り組みが取り上げられている。オンエアは9月19日(土)朝7時台を予定。
※放送の都合により、変更になる可能性もございます

また、公式サイトNEWSでは一部アーティストのステージの様子をまとめている。おお雨(おおはた雄一坂本美雨)、加藤登紀子クラムボンMONO NO AWAREROVOが掲載されているのでこちらもぜひチェックしよう。

■一部アーティストのハイライト
https://hi-life.jp/news/2098/

【“フェスを終えて”
オーガナイザーよりコメント】

音楽フェスの多くが開催を断念していく中で、ハイライフ八ヶ岳が3000人を超える参加者を集めて開催できたのは、地域地元の皆さんのご理解と、出演アーティスト皆さんの御協力があってのことでした。

そしてもちろん、現状のコロナ禍の世の中の重圧の中で、様々な対策に理解と積極的な協力と共に参加の一歩を踏み出してくれた、3000人の参加者の皆さんの賛同こそが開催のチカラでした。私自身が最も印象的だったのは、主催者として少し心配になる密度のクラムボン出演の時の客席で、皆がしっかりマスクを着用してステージの始まりを待っている、笑顔と穏やかな喜びが広がる姿でした。

感染抑制へどれだけの対策を取れば十分なのか誰にも分からない中で、自然発生的に生まれたあの時のみんなの姿が、これからの私たちの在り方を示しているように感じています。
ご参加、ご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

ハイライフ八ヶ岳プロデューサー 鈴木幸一

【コロナ禍での“新しい野外フェスのあり方”の実績とトライアル】

主催のアースガーデンはコロナ時代に対応した場づくりを「#ライブフォレスト」でトライアルを繰り返し、人数制限、ソーシャルディスタンスの確保、検温やマスク着用の徹底など、ご来場いただくお客様のご理解とご協力で完成する「withコロナ・フェス」のノウハウを確立。ハイライフ八ヶ岳に向け、さらに拡大充実させることができました。

■ハイライフ八ヶ岳のコロナ対策はこちら
https://hi-life.jp/covid-19/

『ハイライフ 八ヶ岳2020』開催概要

<開催日時>
2020年9月12日(土曜) 13日(日曜)<雨天開催>

<会場>
サンメドウズ清里(〒407-0311 山梨県北杜市大泉町西井出8240-1)

<出演>
ROVO / clammbon(クラムボン) / 加藤登紀子 / Polaris / キセル / 勝井祐二“八ヶ岳”セッション / MONO NO AWARE / 大宮エリー / おお雨(おおはた雄一+坂本美雨) / HONEBONE / ermhoi(Black Boboi/millennium parade) / Auto&mst / tsukuyomi / ...and more

<入場料>
2日通し入場券¥8,800、1日入場券¥6,500 ※会場内の絶景リフトの料金込み
1日駐車場券¥1,500、キャンプサイトセット券¥22,600〜 他

主催:ハイライフ八ヶ岳 実行委員会、アースガーデン
共催:サンメドウズ清里、(株)ザイグー、VISUAL AND ECHO JAPAN
企画制作:(有)en
事務局:アースガーデン TEL : 03-5468-3288
http://www.earth-garden.jp

<実績>
参加アーティスト:35組(2日間合計)
来場者数:9/12(土)約1,550人、9/13(金)約1,450人、計約3,000人
テント泊:約250張
配信チケット購買数:約600枚 ※9/13時点

『ハイライフ 八ヶ岳2020』
『ハイライフ 八ヶ岳2020』
『ハイライフ 八ヶ岳2020』(クラムボン)
『ハイライフ 八ヶ岳2020』(クラムボン)
『ハイライフ 八ヶ岳2020』(クラムボン)
『ハイライフ 八ヶ岳2020』(クラムボン)
『ハイライフ 八ヶ岳2020』(おお雨(おおはた雄一+坂本美雨))
『ハイライフ 八ヶ岳2020』(加藤登紀子)
『ハイライフ 八ヶ岳2020』(MONO NO AWARE)
『ハイライフ 八ヶ岳2020』(Polaris)
『ハイライフ 八ヶ岳2020』(ROVO)
『ハイライフ 八ヶ岳2020』(ROVO)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着