AKB48「IxR」オンラインライブより

AKB48「IxR」オンラインライブより

AKB48「IxR」オンラインライブ第2部
も大盛り上がり ⼤盛真歩「アイドル
の王道を極めるグループにしていきた
い」

AKB48の新時代を担うユニットとして結成された「IxR(アイル)」のオンラインライブが30日、昼夜2部構成で実施された。

⼤盛真歩・⼩栗有以・久保怜⾳・⻄川怜・⼭内瑞葵の5⼈のAKB48メンバーで構成された「IxR」のユニット名は、アイドルのI、VR やARなどを総称するxR(クロスリアリティ)の、x(エックス)と R(アール)を重ねた造語になり、VR やARコンテンツで活躍を⽬指す新時代アイドルユニット。
この日のオンラインライブ「IxR Reality Reality Smile」は、対象期間中にチケットを購⼊した人の中から抽選で、各部48名を会場に招待された。その第2部公演は、1部の盛り上がりをそのままに、⼩栗さんセンターの『⼤声ダイヤモンド』『好きだ 好きだ 好きだ』、久保さんセンターの『さよならクロール』、⼭内さんセンターの『真夏のSounds good !』と続き、⼩栗さんは「会場のみなさんは今⽇は声援ができないですが、声を出したくなっちゃうくらいのパフォーマンスをお届けしたいです。配信をご覧のみなさんは声を出してください」とコメント。⼭内さんは「1部とは違うところもあって⾒所満載です。瞬きせずに⾒てください︕」と挨拶した。
ユニットパートは、第1部とはガラリと変わり、久保さんのソロ『軟体恋愛クラゲっ娘』でスタート。⻄川さん・⼤盛さんは夏曲『プライベートサマー』を披露し、⼩栗さんと⼭内さんは『わがままな流れ星』をキュートにパフォーマンスした。久保さん・⻄川さん・⼤盛さんの3⼈はツインテールで登場し『最強ツインテール』を。⼩栗さんはソロで『不器⽤太陽』を儚げに歌い上げた。
後半は、『希望的リフレイン』や『重⼒シンパシー』など、息の合ったパフォーマンスを披露。最後は『少⼥たちよ』を歌い上げ、依然としてコロナ禍にある8⽉最後の⽇曜⽇、少しでも IxRが、みんなの今年の夏の思い出に彩りを加えることが出来たら…という想いを込めて⾏われたオンラインライブ「IxR Reality Reality Smile」を締めくくった。
●⼩栗有以コメント
IxR メンバーみんなで今⽇のために準備して、より仲も深めることができて距離も縮まりました。⽀えていただいたみなさんのおかげで素敵なコンサートができたと思います。すごく楽しかったですし、また IxR のコンサートをやりたいです︕
●⼤盛真歩コメント
1部と2部でユニットを変えたり、ひとりずつのソロやユニットもできて、いろんな私たちをみなさんに⾒てもらえて嬉しかったです。IxR では最年⻑なので、セクシーな⾃分の⼀⾯も⾒てもらえればと思います。IxR は AKB48 の中でもアイドルの中のアイドル的な存在で、アイドルの王道を極めるグループにしていきたいです︕
●⼭内瑞葵コメント
みんなでセットリストを考えた時期も楽しかったですし、久々に直接ファンの⽅に会えたこともすごく嬉しかったです。今⽇はみんなのおかげで全く緊張せずに楽しくできました。また IxR のコンサートができるように頑張ります︕

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着