『レコードの日』11月3日開催 スタ
ジオジブリ作品や細野晴臣、Vaundy、
m-floらのアナログ作品がリリース

アナログ・レコードの祭典『レコードの日』が11月3日(火・祝)に開催することが決定した。

アナログ・レコードの魅力をひとりでも多くの方に知ってもらいたいという思いから2015年にスタートした『レコードの日』。6年目となる今年は、初LP化となるスタジオジブリ作品『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』のサウンドトラックや、細野晴臣のソロ作品6タイトル、Vaundy待望の1stアルバム初『strobo+』といった話題作を始め、Friday Night Plans『LOCATION – Los Angeles』、m-flo ♡ Sik-K & eill & 向井太一 / m-flo ♡ chelmico『tell me tell me / RUN AWAYS』、Shin Sakiura『NOTE』、鶴岡龍 / 鶴岡龍とマグネティックス『OMAE / 春雨(spring&rain)』、藤井隆『ナンダカンダ』など、新旧多彩なアイテムがリリースされることに。リリース・アイテム詳細は オフィシャル・サイト(https://record-day.jp/item_2020/) からチェックを。

また、本イベントは全国どこからでもアナログ・レコードに触れやすい環境づくりという視点から、商品の事前予約やオンライン販売の制限は行わず、コロナ禍を経て変化していく買い物の在り方にも寄り添った運営となっている。今後もイメージ・キャラクター、追加リリース・タイトル、コラボレーション企画など随時発表予定とのこと。


【イベント情報】

『レコードの日』

日程:2020年11月3日(火・祝)
参加店舗:全国主要アナログ・レコード取扱店、アナログ・レコード取扱チェーン店、オンライン・ショップなど、公式サイトにて随時更新予定
主催:東洋化成株式会社

※2020年11月3日午前0時より、レコードの日参加アナログレコードを一斉に店頭、オンラインショップなどで販売開始いたします。ネット販売、予約受注に関する制限はございません。

■ 『レコードの日』 オフィシャル・サイト(https://record-day.jp)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着