前野健太、初期3部作ストリーミング
解禁 岩井澤健治監督による幻の映像
作品「ヒマだから」も公開

前野健太の初期3部作がストリーミング・サービス上で解禁された。

今回ストリーミングが解禁されたのは、いずれも代表曲といえる楽曲が並ぶ1stアルバム『ロマンスカー』(2007年)、全ての楽器を自ら演奏する完全ひとり多重録音の2ndアルバム『さみしいだけ』(2009年)
、キャッチーに突き抜けたロック・ナンバーが収められた3rdアルバム『ファックミー』(2011年)の3作。
なお、『ロマンスカー』収録の「友達じゃがまんできない」が主題歌 & 挿入歌として使用されている、又吉直樹原作の 映画『僕の好きな女の子』(https://bokusuki.official-movie.com) が、本日8月14日(金)に公開。こちらもぜひチェックを。

【前野健太 コメント】

初期三部作サブスク解禁に寄せて

13年前に勝手にCDを出してデビューということにしました。
今では「シンガーソングライター」という肩書きをつけていますが、
すべてはこの最初の作品群からはじまった、単なる「でっち上げ」にすぎません。
誰もCDを出そうなどと誘ってくれはしませんでしたが、燃え盛っていました。
一撃をくらわしてやる、とよく言っていましたが、それはたわごとで、
でもそれがなければ走り出さなかった車もあったのでしょう。

今聴くと、たとえばセカンドアルバムの『さみしいだけ』なんかは、
一音一音に明確な意思を感じます。指が見えます。演奏している手、その指が。
たとえば誰かの気持ちを振り切って、この一音を録らなきゃいけないんだ、という気持ち。
不思議なのは、愛情から逃げるように選んだ一音が、結果的に何かに手を伸ばしているということ。

一人の女性の顔を思い出します。
一音一音を聴きながら、影のプロデューサーはこの人だったんじゃないだろうかと、
思いました。男はいつだって女にはかなわない。ただ風を見て、歌を紡ぐだけ。
そんな時代遅れな歌がたくさん詰まったアルバムたちです。

街の中で気軽に聴いていただけたら幸いです。
猫が、マンションが、空が、夏草が、静かに揺れると、
少しだけ明日が見えてくる。

特別じゃない夏なんてあっただろうか。

2020年8月14日

前野健太


【リリース情報】

前野健太 『ロマンスカー』

Tracklist:
01. 100年後
02. 青い部屋 (8beat)
03. こころに脂肪がついちゃった
04. ダンス
05. love
06. ロマンスカー
07. 友達じゃがまんできない
08. 熱海
09. 青い部屋
10. 天気予報
11. 18の夏
12. 東京の空 (ピアノ弾き語り)

==

前野健太 『さみしいだけ』

Tracklist:
01. ロマンチック
02. 鴨川
03. メッセージ
04. 3月のブルース
05. マン・ション
06. さみしいだけ
07. こいつは強い
08. 豆腐
09. sad song
10. だれかの
11. 病 (Yah! my blues)
12. とんこつラーメンくさい街

==

前野健太 『ファックミー』

Tracklist:
01. 旅
02. 石
03. 女と
04. ヒマだから
05. ファックミー
06. 雨のふる街
07. あたらしい朝
08. コーヒーブルース
09. タワー浴場
10. せなか
11. 牛

■ 前野健太 オフィシャル・サイト(https://maenokenta.com)

アーティスト

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

新着