BENI、デビュー15周年記念ニューEP『
Y/our Song』で川谷絵音と初タッグ 
新ビジュアルも公開

BENIが約1年9か月振ぶりとなるニューEP『Y/our Song』を9月16日(水)にリリースすることを発表した。
同作品のリード曲「だけど放て」は、BENIと初タッグとなる川谷絵音(ゲスの極み乙女。)が作詞・作曲含むプロデュースを担当。レコーディングも川谷立ち合いの下、細かくやり取りをしながら制作された同楽曲は、BENIの新たな一面が見出されている。
その他、ニューEP『Y/our Song』にはBTS等を手掛けるSUNNY BOYがプロデュースする「Beautiful」や、2020年2月にデジタルシングルとしてリリースされた「夢色日和」と「HAPPY」など含む、全7曲が収録される。
■【川谷絵音(ゲスの極み乙女。)コメント
川谷絵音
もともと BENI さんは強い女性のイメージがあったのですが、
お会いしたらとても繊細な方だなと思いました。
この曲は、本当は弱いけど、強がっている人の像でもあるので、パブリックイメージが 強い方が歌うと、凄くエモーショナルに感じました。
僕が作ったメロディーを自分のものにして歌いこなしていて、素晴らしい歌唱力と表現力で、想像以上の楽曲に仕上がったので、とても感動しました。
ライブで聴ける日を楽しみにしています。

■BENIコメント
今回は15周年を記念したEPをリリースする際に、一曲を他のミュージシャンにプロデュースをして頂きたいと思い、真っ先に出した名前が川谷絵音さん。
デモ曲を最初に聴いた時の一言めは「おしゃれカオス」でした(笑)
疾走感ありながらも、自分と外の世界への葛藤をこんなにもどかしく表現するのは初めて。
新しい側面を引出されるのはアーティストにとって最高なプレゼントですね。
皆さんにも聴いてもらって悩みや日々のフラストレーションから解き放たれて踊ってほしいです!

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着