2020年7月26日@都内某所

2020年7月26日@都内某所

【ONE N' ONLY ライヴレポート】
『ONE N' ONLY "Shut Up!
BREAKER" Special Live』
2020年7月26日@都内某所

2020年7月26日@都内某所
2020年7月26日@都内某所
2020年7月26日@都内某所
2020年7月26日@都内某所
2020年7月26日@都内某所
2020年7月26日@都内某所
2020年7月26日@都内某所
2020年7月26日@都内某所
2020年7月26日@都内某所
2020年7月26日@都内某所
2020年7月26日@都内某所
2020年7月26日@都内某所
2020年7月26日@都内某所
2020年7月26日@都内某所
2020年7月26日@都内某所
2020年7月26日@都内某所
2020年7月26日@都内某所
2020年7月26日@都内某所
 ONE N' ONLYの配信ライヴ『ONE N' ONLY ”Shut Up! BREAKER” Special Live』は、メンバー全員が寝そべった姿を上から映し出すことからスタート。このアングルからスタートできるのも配信ライヴの特権だろう。1曲目に披露されたのはライヴでは初披露となる「Shut Up! BREAAKER」。6人が入り乱れるフォーメーションダンスは赤いライトに照らされ、とても力強くてダイナミックだ。J-POPという枠からはみ出した、ワールドワイドな楽曲は日本語がまるでサウンドのように乗るからこそ、ライヴとはとても相性が良い。

 KENSHINが“騒いでいこうぜ! まだまだ盛り上がっていこうぜ!”という煽りを入れると一気にステージはヒートアップし、“手をあげろ!”という声を合図にクールでビートの効いた「Sexy Beach party Yes!!」がスタート。ダンスブレイクでは6人が揃ったダンスで魅了。端正なビジュアルと点滅するライト、キレのあるダンスはステージによく映える。一転、「Everything’s Changing」ではメロディアスなナンバーだからこそ、ヴォーカルチームの美しい歌声が気持ち良く響き渡る。メロウでグルービーな楽曲を泳ぐように歌い、踊る彼らの可能性をより感じるパフォーマンスだ。《踊ろうよ》と無邪気に踊りながらこちらを観て手を伸ばしてくるEIKUは、とても愛らしく、ラストはダブルピースで締めるいい意味でのあざとさもたまらない。

 最初のMCでは自己紹介から始まり、これまでのパフォーマンスで魅せた圧倒されるような存在感とは違う、ワチャワチャとした等身大で可愛らしい姿が堪能できる。iPadを片手にコメントを追いながら慌てるNAOYAや、髪色を変えたEIKUの話になり、REIとHAYATOのふたりが“俺たちも変えたのに…”と拗ねるシーンも(笑)。ソーシャルディスタンスを気にしながらも側にいきたがるメンバーの仲のいい関係性を感じさせる。こちらもライヴ初登場となる「Beautiful」では、HAYATOのクールでいながらも、語りかけるようなラップがとても気持ち良く、KENSHINの笑顔あふれるヴォーカル、TETTAの高音がすごく印象的だ。さらにKENSHINが輪の中心に入り込み、全員を操るかのようなパフォーマンスから始まったゾクッとするパフォーマンスに目を奪われる「Black Hole」では、ダークでこれまでの楽曲とはまったく違う魅力を開花させている。途中でのKEISHINがニヤリとした表情に心を奪われたあと、HAYATOがシャツをまくり上げ“腹チラ”を披露。多くのSWAG(ファンの呼称)が画面の前で大声を出したに違いない。

 そして、MCになるとガラリとまた全員の雰囲気が変わるのも素晴らしい。このギャップはいい意味での罪だ。この「Black Hole」のセクシーなダンスをHAYATOが振り付けたことをいうとメンバーみんなから“天才!”と褒められてとても嬉しそう。NAOYAが“家でも声を出してね”と声をかけ、TETTAが“家でペンライトも振ってね”と配信ライヴの楽しみ方を指南。KENSHINが“もっと声出せ! 声が聴こえねぇな”と煽ると、メンバーから“そりゃそうだろ〜”とツッコまれるところもさすがだ(笑)。赤いライトに包まれ始まった「Dark Knight」では一糸乱れぬダンスを魅せ、REIが不意に流し目を見せ色気を爆発させる。また、サイレンから始まる「Category」は一気に聴き手の鼓動が早まる楽曲。HAYATOが我鳴るラップに、TATTAの美しい歌声が続く、彼らの魅力を閉じ込めたようなナンバーをとても気持ち良さそうに歌っている姿が印象的だった。

 本編ラスト「HOLIDAY」にて、これまでのクールな雰囲気とはまた違う可愛らしいラブソングを披露。“ふたりならいつでもHOLIDAYだ”というメッセージを彼ららしい音楽に届けてくれる。EIKUが“画面越しでもっとクラップしてね!”と叫び、その後コール&レスポンスに挑戦。画面越しであってもSWAGとの絆を感じられるようなコール&レスポンスとなっていた。アンコールではTシャツとなった彼らが登場。ドラマチックな「My Love」で全ての観てくれた人たちに愛のメッセージを送り、最後は体文字でハートを体現。見事にかたちとなった姿を全員でチェックして、“感動!”とはしゃぐ姿に、またパフォーマンスとのギャップを感じる人も多いはずだ。最後の最後に、NAOYAが“これからも発信していこうと思っています。会えないからこそ、近くにいたいと思っているのでよろしくお願いします!”と力強いメッセージを残し、ライヴは幕を閉じた。

撮影:堀内彩香/取材:吉田可奈


セットリスト

  1. 1. Shut Up! BREAKER
  2. 2. Sexy Beach Party Yes!!
  3. 3. Everythingʼs Changing
  4. 4. Beautiful
  5. 5. Black Hole
  6. 6. Dark Knight
  7. 7. Category
  8. 8. HOLIDAY
  9. <ENCORE>
  10. My Love
ONE N' ONLY プロフィール

ワンエンオンリー:EBiSSH、さとり少年団(SBC)の2グループが融合した、スターダストプロモーション所属の6人組グループ。YouTube上に公開された5曲のMVは世界各国で注目され、特にアジア圏・南米・欧州からのアクセスが殺到し、合計再生回数は1000万回を突破! 2018年10月にはデビュー前にも関わらず東名阪Zeppツアーを開催し各地で大成功を収め、満を持して同年11月21日にリリースしたデビューシングル「I’M SWAG」はオリコンウィークリーランキング6位を獲得。そして、19年5月8日にリリースした2ndシングル『Dark Knight』はオリコンウィークリーランキング1位、Billboard JAPAN HOT100 総合1位の2冠を達成! 同年10月16日リリースの3rdシングル「Category / My Love」は、2作連続のオリコンウィークリーランキング1位を獲得。ONE N' ONLY オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着