元キマグレン・クレイ勇輝が語る、不
定形プロジェクト・クレイユーキーズ
の今|BIG UP! Stars #37

キマグレンクレイ勇輝を筆頭に、豪華ミュージシャンが集結するプロジェクト、クレイユーキーズが本格始動。5月より3ヶ月連続でオリジナル楽曲を発表している。
スーパー・バンドとして平昌オリンピックに出演してからはや幾年月。オリジナル楽曲にはFLOWER FLOWERのyui、俳優・歌手の伊原六花らをボーカルに迎えながらも、その異色の作風でも注目を集めている。今回は流動的かつ柔軟な活動を展開するプロジェクトの首謀者、クレイ勇輝にインタビューを敢行。これまでの軌跡と、そこから見えてきたクレイユーキーズの核に迫る。

フロントマンではなく、指揮者

―クレイユーキーズ立ち上げの経緯について教えて下さい。2018年の平昌オリンピック冬季競技大会のパブリック・ビューイング・イベントへの出演が最初でしょうか。
キマグレンを解散して5年くらい経つんですけど、僕個人的にはもう音楽活動は止めようと思っていたんです。ある意味やり切ったという想いもありましたし、元々20代の頃からやっていた裏方の仕事にシフトしていこうと考えていたんです。でも、周りのミュージシャンたちが「カバーでも何でもいいから一緒にやろうよ」って言ってくれて、集まってきてくれたんです。それこそMartin(OAU)とか、去年のNHK紅白歌合戦のAI美空ひばりの作曲を担当したKafu Satoとか、FLOWER FLOWERのカツヒロ・マフネ、元Aqua TimezのOKPなどなど。彼らと趣味でセッションみたいなことをしていたんです。
ーなるほど。
そこから平昌オリンピックっていうオフィシャルの場で、ちゃんとしたライブをやることになった時、Martinがこのプロジェクトの名前について「クレイユーキーズでいいんじゃない?」って言ってくれて。それが結成の経緯ですね。その時はドラマーがHYのShunくんで、キーボードはSpecial Othersのセリちゃん(芹澤”REMI”優真)。さらにyuiやOKPもいて、キマグレンやAqua Timez、YUIの曲をカバーしました。趣味の延長線上みたいな感じで、そのままカバーだけを演奏する活動が2~3年続いていたんですけど、そろそろこのプロジェクトでちゃんと作品を作って、リリースしていった方がいいんじゃないかって思い、今年からオリジナル作品のリリースをはじめました。
―スタジオでのセッションといった遊びの延長線上のような活動が続いていたと。
いや、どちらかというとライブのみ、みたいな感じでしたね。リハーサルもあまりやらなくて、なんなら当日会場で合わせるだけとか、会場で初めて顔合わせするメンバーもいましたし。「LIFE」(キマグレン)から「虹」(Aqua Timez)、「CHE.R.RY」(YUI)まで、ヒット曲をカバーするお祭りバンドみたいな感じなので、色々なところにお呼ばれしました。音楽フェスからお祭り、カラー・ランみたいなイベントまで、年に50~60本はライブやっていたと思います。シークレット・ゲストで出させてもらったオクトーバーフェストでは3万人くらいの酔っぱらった方々に向けて演奏したりして。めちゃくちゃ楽しかったですね(笑)。
―それこそ音楽活動を始めたばかりの、ピュアな気持ちが蘇りそうな活動スタイルですね。
やっぱり音楽活動をしていく中で、程度に差はあれど、ミュージシャンって傷ついていくと思うんです。自分の身を削って曲を書かなければいけない。ライブのために人前に立ち続けなければいけない。そういう部分で疲れてしまうんです。だから、クレイユーキーズの活動はそういった傷やストレスをお互いが癒やし合っていたというか。そういう作用はあったと思います。元々、みんな友達同士なんで。
―総勢30名以上にも及ぶメンバーを取りまとめるのもとても大変そうですね。
はい、大変です(笑)。嘉風くん(Kafu Sato)がバンマスなので、基本的には彼と僕がミニマムで。そこからLINEのグループで連絡して、誰がスケジュールが空いてるかによって、そのライブの編成が決まります。僕と嘉風くんとタップ・ダンスっていう編成もありましたし(笑)。
―そんな編成もあるんですね。その柔軟性に驚かされます。
あと、ライブを観てもらえばわかるんですけど、決して僕が主役というわけでもないんです。yuiと一緒に作った曲を、井上苑子ちゃんが歌ったりもするし、楽器の編成もバラバラ。僕はいうなればプロデューサーでありディレクター。もしくはオーケストラの指揮者が近いもしれません。個人的に、今のこの活動スタイルはすごくしっくりきているんです。
―オリジナル作品の制作にあたって、何かトリガーとなる出来事などはあったのでしょうか。
誰というわけではないんですけど、メンバーの中から「そろそろちゃんと活動した方がよくない?」っていう声が上がってきたんです。僕も確かにそうだなって思いましたし。
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着