STU48石田千穂ソロ公演開催「いつか
皆さんの前でパフォーマンスできる日
を願ってます!」

STU48号にて配信限定で劇場が2020年7月7日に再開された。その一発目となる公演は石田千穂のソロ公演「ちほは修行中」~石田千穂生誕祭~」だった。

石田千穂にとってソロは2回目であり、念願だった船上劇場公演再開。思い入れのある曲などを全曲披露。

OvertureのBGMが響き渡り、1曲目は自身が初めてAKB48の選抜メンバーに抜擢された『サステナブル』から始まり『LOVE修行』『最強ツインテール』『重力シンパシー』とSTU48の王道アイドルメンバーらしく堂々と歌い上げた。

劇場内はファンの方から送られた横断幕で飾られ、客席にはうちわで満席状態に!

MCでは「船上劇場公演再開の1回目の公演でソロ公演をさせていただけて本当に嬉しいです」とファン、スタッフに感謝の気持ちを述べ、おなじみの自己紹介へ。「それでは早速この映像をごらんください!」の呼び込みで、オーディション時の映像から今までのMV撮影を振り返るVTR演出。

「夢や目標に向かって頑張るぞ!」という気持ちを込めて選曲したブロック『Pioneer』の楽曲へ続き、『摩天楼の距離』『走れ!ペンギン』『夢は逃げない』と続けてファンの熱量があがるパフォーマンを披露。
その後のVTRでは薮下楓が登場し、STU48メンバーが匿名で“石田千穂はどんなメンバーか?”を答える映像へ。『遠距離ポスター』『恋は仮病中』『そばかすのキス』などの王道アイドルソングブロックへ移動し本編ラストの楽曲へ「この曲はファンの皆様を思いながら歌います」と『あなたがいてくれたから』を披露。

アンコールMCでは舞台セットの紹介。「かわいい!ピンク!を基調にしたザ・アイドルをイメージして作った舞台セットです」と実際自宅で使っているぬいぐるみや、ファンからのプレゼントのマグカップ等を紹介。

飾棚には公演タイトル『ちほは修行中』とかかれた本が5巻まで準備されていて「スタッフの方の細かい演出に感謝です。公演をするごとに6巻、7巻と増えていったらいいなと思ってます。」と思いの丈を話した。

アンコールは『青春のラップタイム』ではじまり、『ずっとずっと』『君と虹と太陽と』などをパフォーマンス。「1月にソロコンサートをさせていただいて2月にソロ公演をさせていただく事が決定していたのですがファンの皆さん長らくお待たせしてしまいました。そしてこんな状況の中、公演をさせていただきスタッフの皆さんありがとうございます。今日は画面越しですが、いつかきっと皆さんの前でパフォーマンスをさせていただける日が来ると願っています。その時は是非、会いに来て下さったら嬉しいです。最後の曲になっちゃうんですけれども、最高に大好きで盛り上がる曲です。『夢力』」曲振りと共にラストの楽曲を披露。
公演に幕を閉じようとした時「ちょっとまった~~」と薮下楓の登場で生誕祭へと続き生誕祭では父親とファンからの手紙に涙する場面も。

そして千穂から皆様へのお知らせで株式会社ツインプラネット内、女優・俳優セクションであるワイルドプラネットへの事務所移籍を報告した。またサプライズでAKB48グループでも新事務所でも先輩のSKE48須田亜香里からのビデオレターが届き感動と驚きと笑顔で溢れた石田千穂のソロ公演は幕を閉じた。

(関連記事)
STU48 石田千穂 ツインプラネットの女優・俳優セクション「ワイルドプラネット」に所属決定! https://okmusic.jp/news/389530/

公演概要・セットリスト

●タイトル:STU48 石田千穂ソロコンサート「ちほは修行中」
●日時:2020年7月7日(金) 19:00開演
●会場:STU48号
●出演メンバー:石田千穂
●ゲストメンバー:薮下 楓

セットリスト
STU48 石田千穂ソロコンサート「ちほは修行中」SET LIST
Overture
1 サステナブル
2 LOVE修行
3 最強ツインテール
4 重力シンパシー
 MC
5 Pioneer
6 摩天楼の距離
7 走れ!ペンギン
8 夢は逃げない!
 MC
9 遠距離ポスター
10 恋は仮病中
11 そばかすのキス
12 彼女になれますか?
13 オネストマン
 MC
14 あなたがいてくれたから
 ENCORE
EN1 青春のラップタイム
EN2 ずっとずっと
EN3 君と虹と太陽と
MC
EN4 夢力
石田千穂 (C) STU

石田千穂 (C) STU

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着