GLAYの58枚目となるニューシングル「
G4・2020」が発売決定、同時に解禁さ
れた横尾忠則が担当したアートワーク
も公開

8月12日(水)、GLAYの58枚目となるニューシングル「G4・2020」が発売される。
G4シリーズは、メンバーそれぞれがコンポーザーを務めるなど、ファンの中で人気のあるシングルシリーズだ。今回は第6弾であり、GLAYの新たな試みが詰まった過去に例を見ない豪華な1枚となっている。
CDジャケット
同時に解禁されたアートワークは世界的デザイナー横尾忠則が務めており、独自の世界観と洗練されたデザインが、GLAYに新たな可能性をもたらしている。
CD+DVD+絵本盤ジャケット
また、リリース形態はCD Only盤と、初となるCD+DVD+絵本盤。後者に同梱される絵本は、家で過ごす時間が増えたファンに向け、GLAYのこれまでの歩みをファンタジー調に描いた1冊に仕上がっている。イラストはkkworld kumiが担当。様々な時代の衣装を身にまとったメンバーの姿を、暖かみのあるイラストと共に是非物語を楽しんでもらいたい。
CD収録内容は、メンバーそれぞれがコンポーザーを務めた4曲を軸にした、全7曲となっている。
1曲目はHISASHI作詞作曲「ROCK ACADEMIA」。HISASHIらしいクセのあるポップナンバーであり、タイトルにもあるACADEMIAにかけた歌詞にも注目である。ROCKで育った人生を語っており、まるでGLAYの事を語っているかのようなストーリーは、より楽曲に深みと楽しみを持たせてくれる。
続くはJIRO作曲「DOPE」。JIROらしいパンクスなメロディに、えぐみのある歌詞が乗ったストレートなロックナンバーである。骨太なG L AYを堪能できる1曲だ。
「流星のHowl」はTVアニメ『ダイヤのA act II』のオープニングとしてTERUが書き下ろした楽曲であり、今回は待望のフルver.を収録する。ルーザー(敗者)から見た物語を描いており、そこにキャッチーなメロディとデジタルロックサウンドが合わさる事で、新たなGLAYサウンドを演出している。なお先日、同曲がAIR DOと石屋製菓によるキャンペーンの公式応援ソングとして発表されたことは記憶に新しい。
「Into the Wild 〜密〜 」は今年2020年2月に中止となったヴェネチアでの『CARNEVALE DI VENEZIA 2020』の代わりに、急遽現地のアトリエから配信された無観客ライブで披露したRemix ver.である。「Into the Wild」はSUBARUレヴォーグのCMタイアップソングであり、ライブでも高い評価を得た楽曲であるが、今回Remixによって新たな命を吹き込まれた。
更にGLAYの新たな試みとして、☆Taku Takahashi (m-flo)、80KIDZ、BUNNY、豪華3名によるRemix ver. も収録。楽曲は全て「Into the Wild」であるが、それぞれの味が出ており、GLAYサウンドを全く違った側面からアプローチしている。
このRemix企画に伴い、公式HPでは「Into the Wild」のステムデータも公開され、期間限定無料ダウンロードが可能となっている。楽器のみのデータやTERUのボーカルのみのデータなど、是非この機会にGLAYのサウンドを個々で体感してもらい、そして自分だけの「Into the Wild」を作り上げてみて欲しい。
特典映像には「ROCK ACADEMIA」のMusic Videoに加え、「Into the Wild」No Audience Live director’ s cut、大桟橋ホールで行われた無観客ライブ『GLAY Special Live 2020 DEMOCRACY 25TH INTO THE WILD』より全5曲を収録予定。
初の試みが詰まった、超豪華なニューシングル。デビュー25周年を経て、GLAYが新たな一歩を踏み出す。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着