己龍・Royz・コドモドラゴン・BabyK
ingdom、7月も毎公演異なる内容の「
無観客ライブ生配信」を用意!!

B.P.RECORDSといえば己龍・Royz・コドモドラゴン・BabyKingdomを擁するレーベルであり、つねに時代の流れの中、斬新な挑戦を仕掛けることでも有名だ。
コロナ禍の影響から、所属4バンドとも3月頃より観客を入れた形でのライブ活動が難しくなり、4月に入って以降は「集客ライブ」を当面停止。オンラインによる「無観客生配信」という形に切り換え、ライブを行ない続けてきた。
同レーベル所属バンドたちが「無観客ライブ配信」でもこだわり続けてきたのが、「目の前にお客さんがいないだけで、つねにカメラの先でうずうずしているファンたちに、生々しい臨場感と限りなく熱を与えてゆくこと」。ライブハウスより何時も通りの姿形でライブを行ない、それを配信する形にこだわり続けてきた。
目の前にお客さんがいないだけで、現在も4バンドとも、ライブハウスを舞台にした「無観客ライブ生配信」を毎月定期的に届けている。嬉しいのが、各公演の内容を毎回変えていることだ。
自粛期間中、己龍の黒崎眞弥に話を聞いたとき、「ただ漫然とライブを配信するのではなく、1回1回の公演すべて異なる内容で用意。観てくれる人たちに毎回新鮮な感動と興奮を与えたい」と語っていた。彼の言葉通り、4バンドとも毎回の「無観客ライブ生配信」の内容を変え、観る人たちに新鮮な喜びを与え続けている。
4月-5月時期と現在の違いをあえて述べるなら、春先は予定していた会場を用いて配信を行ってきたが、今は配信用にライブハウスを借り、ライブ配信を前提としたうえで毎回のライブを生配信していること。
同じライブでも、「観客たちを前にしたライブと、無観客であることを前提にしたライブ」では見せ方や届け方も異なる。そこを4バンドとも把握したうえで、毎回の配信公演を行っている。各バンドのファンたちも、配信ならではの楽しみ方も含んだうえで定期的に届けられる臨場感あふれる配信ライブを、今は日々の楽しみに変えている。
このたび、B.P.RECORDSから4バンドの「7月度生配信ライブ」の日程が発表になった。各バンドとも公演ごとに異なるタイトルが記されているように、そこから彼らがどんな内容を届けようとしているのか楽しく想像を巡らせて欲しい。RoyzとBabyKingdomはメンバーの生誕祭も用意、推しファンには殊更嬉しい公演にもなりそうだ。
生配信ライブ公演は、以下のように発表になった。
【配信チケット購入サイト】全公演共通
※チケットのご購入・配信の視聴にはZAIKOアカウント(会員登録無料)が必要となります。
■己龍■
・7月4日(土)己龍生配信公演
「螢火之夢」 19:00配信開始
・7月19日(日)己龍生配信公演
極限リハーサル〜ライブ〜 19:00配信開始
■Royz■
・7月3日(金) Royz生配信LIVE
-公大生誕祭-「Necrophilia」19:00配信開始
・7月5日(日) Royz生配信LIVE
「杙凪生誕祭-2020-」19:00配信開始
・7月18日(土)Royz生配信LIVE
-CONCEPT ALBUM 5DAYS-Tears編 19:00配信開始
■コドモドラゴン■
・7月10日(日)コドモドラゴン お家でLIVE
「家暴-IE ABARE-Vol.03」19:00配信開始
・7月25日(土)コドモドラゴン お家でLIVE
「家暴-IE ABARE-Vol.04」19:00配信開始
■BabyKingdom■
・7月9日(木)BabyKingdom生配信ライブ
『TOY&PEACE』19:00配信開始
・7月26日(日)BabyKingdom生配信ライブ
4周年記念『HAPPY-4-YOU』19:00配信開始
・7月31日(金)BabyKingdom生配信ライブ
咲吾生誕記念『OSHABERI KINGDOM』19:00配信開始
各バンドそれぞれに特色を出しているのは、もちろん。己龍やRoyzは、過去の公演を、当時の衣装姿及びセットリストで再現する試みも行っている。すべてのバンドに共通しているのが、セットの派手さとカメラ数の多さ。何時ものファイナル公演並の演出をすべてのライブに施しているのが嬉しい。映像も、各メンバーの歌い演奏する姿を、アップから引きまで次々とスイッチングしながら映し出してゆく。どの公演も生配信しているように、ファンたちからのコメントも巧みに用いてMCを行えば、ときにメンバーが曲順を間違える様を一緒に味わい共に笑いあうなど、目の前にいないだけで同じ時系列でライブを共有していけるのが嬉しいこと。もちろんアーカイブ放送があるので、リアルタイムで観れなかった人たちも、後でしっかり確認できれば、期間中は繰り返し観れるのでご安心を。できれば、ヘッドフォンやイヤフォンで観ていただきたい。その場にいるような臨場感あふれる演奏を実感できるはずだ。
告知になった各バンドの公演も、どれも気になる内容ばかり。各公演の詳細は、それぞれのバンドのウェブサイトで確認して欲しい。
ようやくライブハウスの規制も解除され、ソーシャルディスタンスなスタイルでの集客ライブも全国各地で行われるようになった。とはいえ、まだまだコロナ禍以前と同じ環境に戻っていないのも現状だ。
B.P.RECORDS所属バンドたちは、現状「夏まで」は生配信を中心に据えた形でライブを届け続ける。秋以降は、そのときの状況を見ての判断になるだろうが、中途半端な形で集客ライブを再開するくらいなら、それがどういう形であろうと、ファンたちが極力安心して楽しめるスタイルを取りながら4バンドとも「魂」を届ける術を選択する意識で活動をしている。B.P.RECORDS所属バンドたちだもの、今の時代に即しつつも斬新な展開をいろいろ考えていることだろう。とはいえ、まずは4バンドが提示した「無観客ライブ生配信のメニュー」を手にし、細部まで煮込み、楽しみの染み込んだそれぞれの公演を楽しみに待っていて欲しい。
TEXT:長澤智典
★インフォメーション★
■己龍■
・7月4日(土)己龍生配信公演
「螢火之夢」 19:00配信開始
・7月19日(日)己龍生配信公演
極限リハーサル〜ライブ〜 19:00配信開始
■Royz■
・7月3日(金) Royz生配信LIVE
-公大生誕祭-「Necrophilia」19:00配信開始
・7月5日(日) Royz生配信LIVE
「杙凪生誕祭-2020-」19:00配信開始
・7月18日(土)Royz生配信LIVE
-CONCEPT ALBUM 5DAYS-Tears編 19:00配信開始
■コドモドラゴン■
・7月10日(日)コドモドラゴン お家でLIVE
「家暴-IE ABARE-Vol.03」19:00配信開始
・7月25日(土)コドモドラゴン お家でLIVE
「家暴-IE ABARE-Vol.04」19:00配信開始
■BabyKingdom■
・7月9日(木)BabyKingdom生配信ライブ
『TOY&PEACE』19:00配信開始
・7月26日(日)BabyKingdom生配信ライブ
4周年記念『HAPPY-4-YOU』19:00配信開始
・7月31日(金)BabyKingdom生配信ライブ
咲吾生誕記念『OSHABERI KINGDOM』19:00配信開始
【配信チケット購入サイト】全公演共通
※チケットのご購入・配信の視聴にはZAIKOアカウント(会員登録無料)が必要となります。
B.P.RECORDS 公式YouTubeチャンネル
己龍 twitter
Royz twitter
https://twitter.com/Royz_official
コドモドラゴン Web
コドモドラゴン twitter
BabyKingdom twitter
https://twitter.com/babykingdom_mtp
己龍「私塗レ」MUSIC VIDEO

Royz「DAYDREAM」MUSIC VIDEO

コドモドラゴン「PEST」MUSIC VIDEO

BabyKingdom「忍☆すぱいちゅ」MUSIC VIDEO

Myuu♪

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着