THE BACK HORN 新曲「瑠璃色のキャ
ンバス」配信リリース&MV公開

THE BACK HORNが、本日6月24日に配信シングル「瑠璃色のキャンバス」を急遽リリース、併せてミュージックビデオを公開した。
THE BACK HORNは現在、『「KYO-MEI MOVIE TOUR」-2004~2019-』と題し、新型コロナウイルスの影響により再延期となってしまった全国ツアー13公演と全く同じ日時に合わせ、これまでに発表してきたライブ映像の中から13作品を厳選し、YouTubeにて各一夜限りプレミア公開していくムービーツアーを開催している。
そうしたなか、新曲発表当日にリリースとなった今作は、昨年10月23日にリリースした通算12枚目のオリジナルアルバム『カルペ・ディエム』以来の新作で、シングルとしては1年ぶりとなる新曲。6月上旬に自身のファンクラブに向けて「瑠璃色のキャンバス」の完成と、楽曲の一部を解禁しており、ファン待望のリリース発表となった。
昨年、結成20周年の集大成として、オリジナルアルバム『カルペ・ディエム』を引っさげて11月より全22公演の全国ツアーを予定していたが、山田将司(Vo)が急性声帯炎及び声帯結節、その後、医師にポリープと診察されメンバー、スタッフ協議の結果、万全の状態で行える状況でないとの判断に至り、1月10日(金)高松公演以降の振替公演を含め13公演を延期としていた。
その後、山田は手術・療養を経て“これから”という矢先での新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受け、メンバー揃っての活動が一切出来ない状況になってしまっていた為に、今作はメンバーがリモートの打合せやデータファイルのやりとりを繰り返して楽曲を制作。ドラム、ベース、ギター、ボーカルという順番で、メンバー其々がパートごとに録音を重ね、結成20年以上のキャリアでも初経験となる楽曲制作となった。
ミュージックビデオは、監督を近年THE BACK HORNのライブ収録の監督を務める向井 智洋 (Toshihiro Mukai)が担当。レコーディングと同様に緊急事態宣言中の撮影となったため、メンバー其々を別の場所で撮影した作品となった。
そして、今作のジャケットデザインをモチーフとしたグッズも6月26日(金)正午よりオフィシャルグッズストアにて受付が開始される。
■THE BACK HORN 山田将司コメント
大切な人の存在に気づかせてくれた音楽。
生きる勇気を絶えず僕らにくれた音楽。
この「音楽」と共にあれば、何度でも、何度でも生まれ変われる。
魂の底から共鳴しあえる歌を、必ずあの場所で。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着