アルバム『ライトアップアンビバレンツ』

アルバム『ライトアップアンビバレンツ』

ЯeaL、
約3年ぶりとなるアルバム
『ライトアップアンビバレンツ』の
リリースが決定

ЯeaLが、9月16日(水)に約3年ぶりとなる2ndアルバム『ライトアップアンビバレンツ』をリリースすることがわかった。

本作は、MOMIKEN (SPYAIR)歌詞プロデュース作品「Unchain My Heart」を筆頭に生まれ変わった新しい彼女たちの楽曲群が味わえる作品に仕上がっているとのこと。さらに「未来コネクション」(ポケットモンスター サン&ムーン OPテーマ)、「強がりLOSER」(BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS- エンディングテーマ)といった有名アニメタイアップ曲も収録される。

ボーナストラックでは有名アニメ主題歌のカバー曲である、SPYAIR「現状ディストラクション」、DOES「バクチダンサー」、KANA-BOON「シルエット」、サトシ(松本梨香)「XY&Z」、ЯeaL「カゲロウ」アコースティックバージョンなども収録されるので、どんな一枚になっているのか大いに期待したい。

【Ryoko(Vo) コメント】

「ЯeaLとして 二枚目のアルバムができました。タイトルは『ライトアップ アンビバレンツ』。アンビバレンツというのは両価感情という意味があります。難しいですね、例えば好きと嫌いを同時に持ち合わせること、つまり矛盾を抱えてる人間のことをアンビバレントと言って、私はその人間的矛盾が素晴らしく多いなあ、と思って。そんな私が紡ぐ矛盾だらけの曲が沢山入ったアルバムにしたかったから今回『アンビバレンツ』をタイトルに選びました。ライトアップは「認める」そんな矛盾だらけで生きづらい自分の性格も認めてあげる、そして照らしてあげる、そんな自分を曲に書き出す、そんなダブルミーニングも込めてつけました。ジャケットは、タイトル通り花瓶に刺した矛盾してる花言葉を持つ花、強い光と影のコントラストでとても好きな世界観を投影しました。あ。刺さってる花はダリアとかすみ草です。気になった人は花言葉、調べてみてくださいね。ライトアップ アンビバレンツ 君の日常に 突き刺さりますように」
アルバム『ライトアップアンビバレンツ』2020年9月16日(水)発売
    • SECL-2479/¥3,000(税別)
    • ◎初回仕様限定盤:封入特典あり
    • <収録曲>
    • 01. Light Up Ambivalenz
    • 02. Dead or Alive
    • 03. Unchain My Heart
    • 04. サイケデリックダンス
    • 05. Discord
    • 06. エンドロール
    • 07. 36.8
    • 08. サイレンサー
    • 09. 未来コネクション
    • 10. 強がりLOSER
    • 11. 光になれない
    • ・Bonus Track
    • 01. 現状ディストラクション -ЯeaL Cover Ver.- ( SPYAIRカバー)
    • 02. バクチダンサー -ЯeaL Cover Ver.- (DOESカバー)
    • 03. XY&Z -ЯeaL Cover Ver.-(サトシ(松本梨香)カバー)
    • 04. シルエット -ЯeaL Cover Ver.- (KANA-BOONカバー)
    • 05. カゲロウ -Acoustic Ver.-
アルバム『ライトアップアンビバレンツ』
ЯeaL
ЯeaL
ЯeaL

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着