L→R JOSHUA、MYUJI、PEACE、K.B、ASCH

L→R JOSHUA、MYUJI、PEACE、K.B、ASCH

【ADDICTION インタビュー】
新たなADDICTIONは
セクシー&ミステリアス

2ndシングルはニコラス・エドワーズが手がけた妖艶で大人の色香を感じる「Who are you?」、スパイをテーマに描かれた遊び心あふれる「005」を表題曲に掲げたダブルAサイド! そんな2曲について5人にじっくりと話を訊いた。

自分たちが自分たちのことを
よく知らないといけない

「Who are you?」はニコラス・エドワーズさんの作曲になっていますが、どんな出会いからこの曲が生まれたのでしょうか?

K.B
ニコラスさんはレーベルメイトなので、そこで紹介していただいたんです。お互いいろいろ話していくうちに、ニコラスさんとADDICTIONは音楽性が違うからこそ絶対に素敵な曲ができるはずだと思って、お願いさせていただきました。結果として、これまでの僕らの特色であるダンスミュージックと、ニコラスさんの色を掛け合わせることで、よりミステリアスでクールな曲に仕上がりました。

ニコラスさんはどのような方なんですか?

K.B
すごく美しいビジュアルからは想像できないほど、めちゃくちゃ面白い方なんですよ。アメリカ出身なんですが、僕らよりも日本語が上手なんです。巧みに日本語を使って、結構辛口で突っ込んでくるんです!(笑)
JOSHUA
本当に日本語をたくさん勉強してるから、僕たちが知らない日本語も使っているんです! ある意味逆輸入ですよ!
MYUJI
あと、たくさんアドバイスをいただきながら歌ったんですが、当たり前ですけど英語の発音がネイティブなので、いろいろ指摘してもらいました。すごく貴重な体験ができたと思います。
JOSHUA
気さくな方なので、ニコラスさんがいることでリラックスしてレコーディングすることができたんです。僕たちにないような考え方や音楽の思考を持っているので、とても勉強になりましたし、音のはめ方や語尾の持って行き方などを細かく指導していただけたのはすごく嬉しかったです。ADDICTIONとニコラスさんがコラボすることによって、お互いのいい部分がより引き出せたんじゃないかと思っています。
PEACE
いいテイクが録れた時、“それいいね!”という感情表現を惜しみなくしてくれるんですよ。僕は新メンバーで不慣れな部分が多かったからこそ、そういうところでかなり救われました。

メンバーみなさんに対してもそういう気持ちを素直に表現する大切さを教えてもらえたのかもしれないですね。

PEACE
そう思います。なかなか照れくさくて言えないんですが、そういうところは日本人よりも日本人らしくて素晴らしいので、学ばないといけない実感しました。
ASCH
何よりも作曲をしていただいた方にレコーディングでディレクションしてもらうことが初めてだったので、最初はかなり緊張したんですよ。でも、曲を作った本人だからこそ、その曲の雰囲気や歌い方のニュアンスなど細かいところまで教えていただけたので、すごく勉強になりました。

作詞はK.Bさんなのですが、どのようなテーマで書かれたのでしょうか?

K.B
実は最初から“Who are you?”というタイトルがあったので、それをコンセプトにミステリアスで世界観が強い曲になるような言葉選びを心がけました。とはいえ、この曲で僕たちを知っていただくためには、自分たちが自分たちのことをよく知らないといけないと思っていて。なので、自問自答することでもうひとりの自分を見つけるという意味を持たせるために、“仮面の向こう側”などのワードを入れていきました。

だからこその妖艶さがあると思います。MYUJIさんはラップを担当されていますよね。

MYUJI
はい。僕もこの楽曲の雰囲気とK.Bの歌詞を見て、自分が思っているADDICTIONってどんなものか、自分とはどんな人間なのかということを考えながらラップを書きました。タイトルがすごく直接的なので、リリックは少し難しい内容ではあるかもしれないんですが、メッセージを感じ取ってもらえたら嬉しいですね。

他のメンバーは歌詞に対してどこに共感しましたか?

PEACE
僕はサビの《Who are you?》と連呼しているところが印象的でした。聴くほどに深みが増しますし、メッセージは聴くほどに染みてくるので何度も聴いてもらいたいですね。
“Who are you?”って“お前は誰だ”という意味じゃないですか。いい意味でも悪い意味でも、どんな人も仮面を被っていることってあると思うんですよ。誰にだって仲良くならないと見せない一面があると思うんです。そういった二面性が、この歌詞からはちゃんと伝わるんじゃないかと思っていて。振り付けも仮面を表現したところがあるんですが、キャッチーなので、みなさんと一緒に踊れたらいいなと思っています。

その振り付けをYouTuberのみなさんとコラボしている企画があるんですよね。

K.B
そうなんです! 中でもスカイピースのふたりと一緒にコラボができたのは嬉しかったですね。実は以前から一緒にご飯を食べに行ったりしていたんですよ。そんなプライベートでも仲の良い仲間と音楽で共演できるのはすごく嬉しかったです。
MYUJI
僕らは違うジャンルの方々と一緒に何かひとつのものを作る機会があまりないので、今回のコラボで新たな可能性を強く感じました。
JOSHUA
僕はYouTuberの市岡元気さんとコラボさせていただいたのがすごく嬉しかったですね。化学が大好きなので実験も観させていただいたんですが、本当に楽しくて仕方がなかったんです。手に炎を乗せて一緒に踊ってくださったりもして驚きの連続でした。自分が好きなものとダンスでコラボができたことが本当に幸せでした!
PEACE
エンターテイメントをやっているということに関しては同じなんですが、視点が違うからこそ“こういうやり方があるんだ!?”や“こんな物事のとらえ方があるんだ!”と刺激をもらえましたね。全てのことがびっくりすることばかりで、本当に勉強になりました。

MVは本当にカッコ良い仕上がりでしたね。

PEACE
僕は初めてのMV撮影だったんですが、不慣れすぎて人間じゃないような動きばかりをしてしまって…(苦笑)。
MYUJI
いやいや、初めてのわりりには全然できてたよ! すごく上手だと思ったし。ただ、ちょっと口元が前にでちゃうんだよね、なぜか(笑)。
全員
爆笑
JOSHUA
あとは、すごいカッコ付けているのに、どこか不安そうなところが見えちゃっていて、僕もこれは気をつけないとって思いました。
PEACE
反面教師になっちゃってるじゃん!(笑)
L→R JOSHUA、MYUJI、PEACE、K.B、ASCH
シングル「Who are you?/005」【生産限定盤】(CD+DVD)
シングル「Who are you?/005」【初回限定盤A】(CD)
シングル「Who are you?/005」【初回限定盤B】(CD)
シングル「Who are you?/005」【初回限定盤C】(CD)
シングル「Who are you?/005」【通常盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着