the brilliant green

the brilliant green

the brilliant green、復活作第1弾は
セルフカバーアルバム!

活動再開を発表したthe brilliant greenが、7月23日に4年ぶりとなるリリース第1弾を発表する。
今作はベスト的な内容となるセルフカバー作品。収録曲全てをリアレンジし、ヴォーカルも新録した全10曲を収録。150万枚を売り上げた1stアルバム『the brilliant green』収録の、ブレイクするきっかけとなった3rdシングル「There will be love there〜愛のある場所〜」をはじめ、「冷たい花」「そのスピードで」「長いため息のように」など大ヒット曲に加え、デビューシングル「Bye Bye Mr.Mug」を16年の年月を経て収録! 60'sをコンセプトとしたセルフカバーアルバムとなっている。

また、最新アーティスト写真も解禁となった。今までのブリグリのクールなイメージと打って変わって遊び心が見えるビジュアルに注目である。

アルバム『THE SWINGIN' SIXTIES』

2014年7月23日発売
WPCL-11718/¥3,000+税
※初回プレス盤のみスペシャルパッケージ仕様
<収録曲>※曲順未定
Bye Bye Mr.Mug (from 1st sg「Bye Bye Mr.Mug」)
There will be love there〜愛のある場所〜 (from 1st Al「the brilliant green」)
You & I (from 1st Al「the brilliant green」)
冷たい花 (from 1st Al「the brilliant green」)
Rock'n Roll (from 1st Al「the brilliant green」)
そのスピードで (from 2nd Al「TERRA2001」)
長いため息のように (from 2nd Al「TERRA2001」)
Hello Another Way-それぞれの場所- (from 3rd Al「Los Angeles」)
Stand by me (from 15th sg「Stand by me」)
Blue Daisy (from 5th Al「BLACKOUT」)
※全10曲収録予定
the brilliant green

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着