新しいライブエンターテインメントの
プロジェクトの「オンデマンド有料ス
トリーミングライブ」プロジェクト『
LIVING on demand』第一弾にLittle
Glee Monster

Little Glee Monsterが6月27日(土)に生配信ライブ『Little Glee Monster > BRIGHT NEW WORLD
本イベントは、株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ、株式会社イープラス、株式会社キョードーアジアによる、「新しい生活様式」に即した新しいライブエンターテインメントを提供する「オンデマンド有料ストリーミングライブ」プロジェクト『LIVING on demand』となっている。
未曽有の新型コロナウィルスによる状況下、STAY HOMEを余儀なくされた人々に新しいライブエンターテインメントのスタイルで笑顔と勇気を届けることが、多岐なエンターテインメント事業を展開するADK MS、イープラス、KYODO ASIAの使命であるという観点から、これまでの客席とステージという距離感ではなく、家のリビングで快適に、自分だけの楽しみ方でライブを独り占めできる新しい形「LIVING on demand」を提供する。
Little Glee Monsterは、2020年2月に5枚目のアルバム『BRIGHT NEW WORLD』をリリースし、自身2作連続でオリコンウィークリーランキング・Billboard JAPAN総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”1位を獲得。3月から予定していた全国ツアー『Little Glee Monster Live Tour 2020 >BRIGHT NEW WORLD<』は、新型コロナウィルスの影響により全公演が延期となっている。
配信は、イープラスがすでに事業展開している「streaming+(ストリーミングプラス)」により実施、スマートフォンやPCから簡単に購入できるデジタルチケットにて開催。チケットの一般発売は本日6月3日(水)16:00からスタートする。
彼女たちの最新のライブを、この機会にあなたのリビングで楽しんでほしい。
【各社コメント】
ADK MS
どんな状況下でもエンターテインメントの新たな楽しみ方の可能性を生活者にご提示することは我々の使命と考えます。(ADK MS エンタテインメント&スポーツ事業開発本部 本部長補佐 小川宏幸)
イープラス
コロナ禍という厳しい状況下で今回新しい取り組みをさせていただきます。現状、直接会えないファンの皆様に Little Glee Monsterさんがお気持ちをお届けする手段として生配信という形を取ります。 エンターテインメントは常に変化し続けております。まずは、こちらの試みがファンの皆様との新しいコミュニケーションの手段の一つであり癒やしになることを期待します。そして近い将来に、ファンの皆様が会場に集結して盛り上がるリアルライブができる日が来ることを祈っております。(イープラス 執行役員 中野拓人)
KYODO ASIA
こんな時代だからこそ、我々プロモーターとしての最大の任務である、お客様が安心して楽しめるエンターテインメントを提供し続け、日本中の方々に安らぎを届けるという使命をしっかり果たしたいと思います。同じ思いをLittle Glee Monsterさんにご賛同頂けた事に心から感謝いたします。 
#stay home #stay entertainment (KYODO ASIA 代表取締役 佐藤浩史)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着