坂本冬美、YouTubeデビュー舞台裏を
告白&「俺でいいのか」追撃盤配信ス
タート

新型コロナウイルスの影響で、コンサート、劇場公演、テレビ番組収録などの通常の活動スケジュールが一旦白紙となってしまった坂本冬美。緊急事態宣言が発出され日本全国で自粛生活を送る国民を励まそうという気持ちと、自分自身を奮い立たせる気持ちを重ねて、自宅で自主練を収録して動画公開というカタチから、ユーチューバー坂本冬美の誕生となった。

電話インタビュー形式で約1時間、自身にとって初のYouTubeへの挑戦の舞台裏や発売が延期となっている『俺でいいのか』追撃盤に関しての思いを
で激白、一万五千字にもおよぶインタビューから一部抜粋したものが到着した。インタビュアーは『坂本冬美、語る』を手掛けた棚橋和博氏。


ーー最初はトーク&ライブを無観客かつライブを生配信するという企画でした。そこではちょっとは作り込もうと思っていたんですか?

それはもうばっちりメイクをして着物も着て。そして(昨夏にリリースした)『俺でいいのか』のギターバージョンを発表する予定でしたので。

ーー「追撃盤」ですね?

はい、それをギタリストの斎藤功さんにもおいでいただき最後に生演奏をしていただく。それを披露する為のライブの予定だったんです。

ーー多少のメンバーも揃えてという?

そう、リズム隊を揃え、他の曲ではオケも使ってやろうかという話だったんです。まぁ、30分くらいのライブを計画していたんです。

ーーでも、3密でダメになったと?

そう、スタジオで出来なくなっちゃったんです。じゃあどうしましょうと…で、仕方なく自宅でっていう流れにつながるわけです。
ーーこれだけステイホームの状態が続いていますから、ファンに向けて何かを発したい、勇気づけたいとの気持ちも強かったんですか?

勿論です。2月の半ばで劇場公演が終わって。2月の後半からまたコンサートが始まる予定だったんです。で、また5月から劇場公演があるからってテレビをほとんど入れてなかったんですよ。あっても「のど自慢」とか幾つかはありましたけど、生のコンサートの方が中心。5月の終わりまではそういう予定が組まれていたんですけど、全てのコンサートも延期し劇場公演は中止になった。で、幾つかのテレビも中止になりました。そうなるとファンの方と接する場面がもうないわけです。結局生で見ていただく機会がないわけです。そんな中で、たまたま生配信をするという予定を組んでいたから今回のYouTubeが出来たのであってね。その生配信をやる予定がなかったらどうしていたのかはわからないですよね。それがあったからこそ、まさかの第三弾まで出来たんだと思うんですよ。
当初5月6日に発売を予定していた『俺でいいのか』追撃盤が、多くのファンの声に応えて本日より配信スタートした。「夜桜お七」「また君に恋してる」など様々なタイプのヒット曲を持つ坂本冬美であるが、 彼女の原点と言えば、間違いなくデビュー曲の男歌「あばれ太鼓」である。 令和となって最初に放ったシングル『俺でいいのか』は、原点回帰と言えるような男歌。そして30年以上のキャリアを積み重ねた“現在”の冬美だからこその艶やかで、心地よい哀愁が響いてくる男歌に仕上がった。そのオリジナルに加え、ギターのみで坂本冬美が歌ったギター伴奏バージョンと、作曲・徳久広司が歌唱した男性キーバージョンを収録している。

『俺でいいのか』追撃盤

2020年5月27日配信スタート
[ 収録楽曲 ]
1. 俺でいいのか (オリジナル)
 作詞 吉田 旺 / 作曲 徳久広司 / 編曲 前田俊明
2. 俺でいいのか (ギター伴奏バージョン) ギター:斉藤 功
 作詞 吉田 旺 / 作曲 徳久広司 / 編曲 斉藤 功
3. 俺でいいのか (男性キーバージョン) 唄:徳久広司
 作詞 吉田 旺 / 作曲 徳久広司 / 編曲 前田俊明・周防泰臣
4. 俺でいいのか (オリジナル・カラオケ)
5. 俺でいいのか (ギター伴奏バージョン・カラオケ)
6. 俺でいいのか (男性キーバージョン・カラオケ)

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着