折り紙つきの音を引き継いで

origami PRODUCTIONが、“origami Home Session”の立ち上げを報告したのは、3月30日のことだった。この動きは音楽業界の光となり、数々のアーティストがコラボレーション作品の制作に乗り出した。東京を拠点に活動するTiMTも、そのなかのひとりである。

彼は多数のプロジェクトやバンドに参加する、トラックメーカーでありプレイヤーだ。2013年よりソロ名義での活動を開始し、着々と活躍の場を広げてきた。
TiMTの特徴は、波の動きや空間をそのまま切り取ったようなグルーヴ感だ。扱いの難しい休符や無音も、ドラマーならではの感性を用いて難なく使いこなしてしまう。固定概念に捕らわれず、柔軟に音を呼吸させた作品づくりこそTiMTの魅力ではないだろうか。

先日配信が開始された「Be There-TiMT Remix-」は、“origami Home Session”の立ち上げ翌日にリリースされた作品。ボーカルトラックはHiro-a-key、ドラムトラックはmabunaの楽曲から引用され、TiMTならではの鼓動を感じる曲に仕上がった。

こんなアーティストが好きな人におすす

・DJ Mitsu the Beats・KANEDA KAZUMI・KUVISM

TiMT アーティストページ|BIG UP!

提供:BIG UP!zine
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着