絶景と晴天!大人も子どもも遊びまく
るキャンプフェス「THE CAMP BOOK」
の魅力

今年開催4年目を迎えるキャンプフェス「THE CAMP BOOK」。「Be-In CAMPus=共に学び・共に遊ぼう」を合言葉に、富士見高原リゾートの大自然の中で大人から子どもまで楽しむことのできるフェスとして注目を集めています。

人気の秘密は細部までこだわりが詰まった環境。
今回は人気急上昇中の「THE CAMP BOOK」の魅力を紹介していきます。
親子で楽しめる野外フェス
「THE CAMP BOOK」一番の魅力は、大人も子どもも全力で遊びながら学べるところ。家族みんなで楽しめるよう、ワークショップやキッズスペースも充実しています。
コンテンツの数は2日間遊び尽くしても時間が足りないほど。体を動かすものから楽器作り、ラジコン操作など、普段は体験できない遊びがたくさんあるのできっと興味があるものも見つかるはず。
自然の中でのびのびと楽しむ経験は得がたいもの。家族みんなで時間を忘れて遊んだり、子どもたち同士の交流があったり、何かに夢中になったり、参加する人みんながそれぞれ好きな時間を過ごせる環境は貴重なものとなるでしょう。
音楽好きにはたまらないラインナップ
アクティビティも楽しみたいけど、フェスに参加するからにはまずはなんといっても音楽。
「自然と音楽の共鳴を楽しもう」の言葉通り、自然の中で聴きたい豪華なアーティストが出演。ジャンルも様々、そして注目の新人アーティストからレジェンドまで、音楽好きも思わず唸るラインナップが魅力です。
ステージも3つとシンプルで、タイムテーブルにも余裕があるので、出演アーティストのライブをすべて観ることも可能。ジャンルにとらわれないラインナップの中から新たな音楽との出会いがあるはず。
メインアクトが終わった後にはDJタイムも。ステージ前で踊るも良し、音楽をバックにのんびり過ごすも良し。夜中までライブを楽しめるのはキャンプフェスの醍醐味です。
今年もZAZEN BOYS石野卓球eastern youthをはじめ、贅沢すぎるラインナップで2日間音楽に浸れること間違いなし。
穏やかな気候と絶景
会場は南アルプスを一望できる富士見高原リゾート。見晴らしの良さはもちろん、通年を通しての晴天率87%という天候と、初夏の過ごしやすい気温で開放感たっぷり。
夜には満点の星も見られます。なかなか見ることのできない景色を堪能できることも野外フェスの楽しみのひとつです。
広大な土地の中で爽やかな風を感じながら過ごす時間は一度味わうと虜になるはず。
初心者さんにもおすすめのキャンプフェス
過ごしやすい天候やアットホームな空間はキャンプデビューしたい方や初心者さんにぴったり。
レンタルテントもあるので、キャンプに興味はあるけどハードルの高さを感じているという方にもおすすめです。
そして近くには温泉施設もたくさんあるので、キャンプフェスで不安なお風呂問題もなく、疲れた体をしっかり労ることができます。
アクセスも良好
大自然の中のキャンプフェスというと、アクセスの悪さが気になる方も多いのではないでしょうか。
慣れていないと不安になりがちなキャンプフェスですが、富士見高原リゾートはロケーションの良さとアクセスの良さを兼ね備えているので安心。
車で東京から2時間、名古屋からも2時間半という距離感なので、全国から参加しやすい点が魅力です。電車でのアクセスも良いので、車がなくても気軽に参加できます。
地元のお店が並ぶフードエリアやショップ
こだわりはフードやショップにも。
フードエリアは数は多くないものの、スタッフが普段から行っているお店や地元の本当においしい飲食店が出店しているそう。地元の食材を使ったものも多く、食事のときも長野の魅力を感じられます。遊び疲れた体に染み入るおいしいご飯は格別です。
ショップも人気アパレルブランドや地元の古道具屋さん、古本屋さんなど、つい覗きたくなるものばかり。アウトドアブランドの出店もあるので、アウトドアグッズで気になるものをすぐに試してみる楽しみ方もあります。
フードエリアやショップエリアもデザインを統一しているという、会場の装飾のこだわりも要チェックです。
大人も子どもも存分に楽しめる「THE CAMP BOOK」。今年の夏は、気持ち良い天候とアットホームな空間で思いっきり遊んでみるのはいかがでしょうか。
チケットは現在一般販売中です。
詳細・チケット
THE CAMP BOOK 2020
2020年6月13日(土)・14日(日)
会場:長野 富士見高原リゾート

AndMore!

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着