Rina Sawayama、「男性的な自信」を
歌う最新曲「Comme Des Garçons(L
ike The Boys)」MV公開

Rina Sawayamaが1月にリリースした最新曲「Comme Des Garçons(Like The Boys)」のMVが公開された。
ディレクターにEddie Whelan、クリエイティブ・ディレクターに「Dazed Beauty」のBen Dittoを迎えて制作された本作は、宇宙時代をテーマに反映した、男性的な自信を映し出している。「Comme Des Garçons(Like the Boys)」は、90年代からインスピレーションを受けたビデオのビジュアル全体に、象徴的なファッション・ロゴを使用し、それらのファッション・ハウスに敬意を表している。本楽曲は、常にRinaが愛を示してきたゲイの男性が持つ自信を錬金化しようとする華麗で脈動するクラブ・トラックとなっている。
ビデオのインスピレーションについて、Rinaは次のように語っている。「男性的な自信は、しばしばメディアや職場、映画や音楽にて表現されます。それこそが私がこのビデオでEddieとBenとともに探求したかったものです。私たちはこの男性的な姿を写し取って探求する秘密の研究室に入り、この冒険を様々な自分自身の側面を通じて行いました。ユーモア、ムーヴメント、そしてHype Williams、中野博之、Boris Vallejoの世界観を組み合わせた本質的なファッション映画の要素をもって、このビデオを作りたかったんです」

また、クリエイティブ・ディレクターのBen Dittoはこう続ける。「Rinaのファッションへの愛に基づいて、“ブート・ファッション”のコンセプトに沿ってグラフィックとスタイリングを作りました。曲のタイトルとしては、いくつかの要素があります。“Like The Boys=男の子のように”、そして、有名なファッション・ブランドの名前です」。
なお、4月17日(金)(日本でのパッケージ発売は22日)にリリースされる1stアルバム『SAWAYAMA』について、自信は以下のようにコメント。「このアルバムは、最終的には家族とアイデンティティに関するものです。2つの対立する文化(私にとってイギリス人と日本人)の文脈で、自分自身を理解することをについてテーマに掲げています。ステレオ・タイプの内外で気楽にいられる場所を見つけ出し、最終的には欠点も何もかも隠さず、ただ自分自身でいることに居心地の良さを見出します」。


【リリース情報】

Rina Sawayama 『SAWAYAMA』

Release Date:2020.04.17 (Fri.)
Label:Dirty Hit
Tracklist:
1. Dynasty
2. XS
3. STFU!
4. Comme des Garçons (Like The Boys)
5. Akasaka Sad
6. Paradisin’
7. Love Me 4 Me
8. Bad Friend
9. Fuck This World (Interlude)
10. Who’s Gonna Save U Now?
11. Tokyo Love Hotel
12. Chosen Family
13. Snakeskin
14.Tokyo Takeover (日本限定国内ボーナス・トラック)

※日本盤CDは4月22日(水)リリース

■ Rina Sawayama 日本オフィシャル・サイト(https://avex.jp/rinasawayama/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着