『第34回日本ゴールドディスク大賞』
発表「シングル・オブ・ザ・イヤー」
AKB48が史上初10年連続受賞!

日本レコード協会は「第34回日本ゴールドディスク大賞」の受賞作品・アーティストを決定した。

今回の受賞作品・アーティストは、61作品・アーティストとなり、この1年間に最も活躍したアーティストに授与される「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の邦楽部門は、が3年ぶり6度目の受賞、洋楽部門はクイーンが2年連続3度目の受賞となった。

「シングル・オブ・ザ・イヤー」はAKB48の『サステナブル』が受賞し、10年連続受賞となった。AKB48の「シングル・オブ・ザ・イヤー」は、史上初の10年連続受賞。

また、AKB48は、同曲での「シングル・オブ・ザ・イヤー」「ベスト5シングル」受賞と合わせて『ジワるDAYS』でも「ベスト5シングル」を受賞した。

「この記録をまだまだ伸ばせるように頑
張っていきたい」

AKB48の元総監督の横山由依と総監督の向井地美音は以下のように受賞コメントを寄せている。

「サステナブル」でシングル・オブ・ザ・イヤー、そしてベスト5シングルに2作品も受賞させていただくことができました。

いつも応援してくださるファンのみなさんのおかげです、本当にありがとうございます。
「ジワるDAYS」は指原莉乃さんのラストシングル、「サステナブル」も矢作萌夏ちゃんのラストシングルとなり、新たな旅立ちを迎えた二人もきっと喜んでいると思います。

そしてシングル・オブ・ザ・イヤーはなんと、10年連続で受賞させていただいていますが、これも先輩方が築いてくださったAKB48の歴史だと思いますので、これからも私たちの世代がこの記録をまだまだ伸ばせるように頑張っていきたいです。本当にありがとうございました。

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着