Chara+YUKIの新譜がまるでいつかの映
画の続きのようで

Chara+YUKIファーストシングル「愛の火
3つ オレンジ」から20年

1999年11月にリリースされた「愛の火 3つ オレンジ」から20年が過ぎました。“20周年を記念して”って話ではないんでしょうけれど、実に集大成的なミニアルバム『echo』が2月14日にリリースされます。日本を代表するディーヴァ2人が組んだとあって当時も大いに話題を集めましたけれども、今回もド級のパンチ力を伴って帰ってきました。まずは1999年Ver.の「愛の火 3つ オレンジ」をお聴きください。1999年Ver.と言うからには2020年Ver.もあるということです。
Chara+YUKI – 「愛の火 3つ オレンジ」

岩井俊二監督の映画「PiCNiC」 、「スワロウテイル」が公開されたのが1996年ですから(「PiCNiC」は1994年公開予定だったところ諸事情により持ち越し)、このMVが公開されたのは3年後ですね。当時の岩井監督の退廃的でオルタナティブな世界観が、本作ではまだ継続しているように思います。これがこの時代の空気だったのか、はたまた岩井監督周辺のスタンスだったのかは定かではありませんが、通ずるものはあるような気がします。Charaは「PiCNiC」 、「スワロウテイル」の両方で主演を務めました。

それから、「愛の火 3つ オレンジ」のリリースとほとんど同時期にMean Machine (ミーンマシーン)というバンドが結成されます。メンバーはChara̟+YUKIの2人に加えて、ロックンロール・ビッグバンドTHE THRILLのサックス奏者YUKARIE、ミュージシャンでラジオDJのちわきまゆみ、女優の伊藤歩。凄まじい5ピースバンドです。「自分のやったことのない楽器に挑戦する」ことをコンセプトとしており、3人もボーカリストを有していながら、実際にメインボーカルを務めたのは伊藤歩でした。“じゃあCharaとYUKIは何をやっていたんです?”。この時はですね、なんと2人はツインドラムを担当していたのです。公式音源がネット上に転がっていないので、ここで動画などを紹介するのは控えますが、ジャンルとしてはゴリゴリの90’sオルタナロックでした。後ほど詳しく書きますが、“YUKIがドラムを担当していた”事実は、映画の伏線回収のように本作にもつながって来ます。

ここ数年間のChara̟+YUKIについて

“ポップミュージック”がひねくれた音楽的趣味嗜好を持つヒップスターたちから非難されなくなって随分経ちますが、この2人に関して言えば、そんなひねくれ者たちからもずっと評価が高かったように思います。ポップではあるけれども、常に時代の先を行くようなアプローチを取っておりました。それは、これまで2人に関わったアーティストの名前を挙げるだけで十分理解できるでしょう。2人の最近の活動を参照してみます。

まずはChara。Lucky Tapesが2018年にリリースした『dressing』に参加し(リードシングル「Lonely Lonely」)、常田大希(King Gnu)率いる“millennium parade”が昨年9月にリリースしたシングル「Stay!!!」にも客演し、同じく昨年末にはWONKの荒田洸と共に「愛する時」を共作しました。ライブではKan Sanoら気鋭アーティストが編成に参加しております。
続いてYUKI。昨年リリースされたフルアルバム『forme』に参加したメンバーを挙げてみましょう。西寺郷太NONA REEVES)に堀込泰行(元キリンジ)、細野晴臣、Charaに加え、吉澤嘉代子や津野米咲(赤い公園)、尾崎世界観(クリープハイプ)らが世代やジャンルを超えて集結。本作は“2回目のソロデビュー”と銘打たれるほど、挑戦的でフレッシュな内容でした。少し前ですが、2014年にリリースされたシングル「誰でもロンリー」にはSeihoとやけのはらがリミキサーとして参加しています。
Chara+YUKI -「楽しい蹴伸び」

この完璧の流れの中、締めが表題曲「echo」。アルバム中、随所でAdditional DrumsとしてクレジットされているYUKIですが、ここで満を持してメインドラムを叩きます。1999年から彼女たちを知っている人は、20年ぶりに映画の後編をもらった心地ではないでしょうか。更に、 岸田繁くるり)や美濃隆章(toe)も制作に名を連ねています。

キャスティング、あらすじ、演技、その他諸々の特殊効果まで完璧な映画。本作『echo』は、そんなアルバムではないかと思うのです。「アカデミー賞に乗じてこんな記事を」とお思いになる方もいるかもしれませんが、あながち間違いでもない気がするので、ぜひMean Machine含めた前編からお楽しみ下さい。そしてあわよくば、続編も期待したいところです。

Chara+YUKIの新譜がまるでいつかの映画の続きのようではミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着