STU48石田千穂ソロコン「ファンの皆
さんが大切で、すごく大好きです!」

“AKB48グループ2020TDCライブ祭り”7日目の2020年1月24日、TOKYO DOME CITY HALLにてSTU48の石田千穂が「STU48 石田千穂ソロコンサート〜いえっ!に帰るまでがちほコンです。〜」を開催。石田千穂にとって初めてであり、念願だったソロコンサート。思い入れのある曲など全29曲を披露。

開場時にファンへ配布された“石田千穂お面”を被ったファンで埋め尽くされた会場内にOvertureのBGMが響き渡り、石田千穂の幼少期から現在までを写真を振り返るような映像が流れ、1曲目『Seventeen』へ。

ステージに登場したのはカメラマンで、石田千穂本人はファンに紛れて”客席”から登場するというサプライズ演出が!客席を練り歩きステージに上がり、『チャイムはLOVE SONG』『彼女になれますか?』『重力シンパシー』とSTU48の王道アイドルメンバーらしく堂々と歌い上げた。

MCでは、オープニングでファンが“石田千穂お面”をつけていた光景に関して「めちゃめちゃ安心しました! ありがとうございます!」と感想を話し、おなじみの自己紹介へ。「それでは早速この映像をごらんください!」の呼び込みで、“石田千穂のお願いが叶う世界”の寸劇VTRへ。

会場の笑いを誘った後、ピアノ演奏のパントマイムと共に『雨のピアニスト』の楽曲へ続き、『背中から抱きしめて』では田中皓子・中村舞が、『誰のことを一番 愛してる?』では沖侑果・信濃宙花、『友達でいられるなら』では薮下楓とのシリアスな雰囲気が漂うパフォーマンスを披露。その後、ゲストメンバーによるファンに向けての『石田千穂思い出の品抽選会』が行われ、石田千穂の独特のセンスが光る思い出の品々がファンに振る舞われた。
ゲストメンバー:沖侑果・信濃宙花・田中皓子・中村舞・薮下楓

ゲストメンバー:沖侑果・信濃宙花・田中皓子・中村舞・薮下楓

その後は石田千穂が客席の近くを練り歩きながら、自身が初めてAKB48の選抜メンバーに抜擢された『サステナブル』や、ゲストメンバーと共にSTU48の代表曲『暗闇』を披露するなど、ファンの熱量があがるパフォーマンスを披露。その後のVTRではSTU48メンバーが匿名で“石田千穂はどんなメンバーか?”の質問に答える映像へ。“どんな印象がありますか?”“直してほしいところは?”など、匿名のメンバーが石田千穂に関するコメントを赤裸々に話した。

『そばかすのキス』『恋は仮病中』などの王道アイドルソングブロックへ移り、トロッコを使いながら客席にサインボールの投げ込みや、『星空のミステイク』では会場のLEDモニターと連動した振り付けをするなど個性的な演出が施された。

本編ラストの楽曲『ファンレター』では曲間で会場のファンへ向けた手紙を読み上げました。「こんなに大きな会場でソロコンサートができるなんて夢みたいです。誰も想像してなかったんじゃないかなって思います。本当に夢みたいです。入ったときはどの曲も3列目の端のポジションで個性もなくて自信もなくて、なかなか前に行けなくてそんな自分が嫌でした。でもファンの方からの応援を受けて、少しずつ自信がついて、総選挙でランクインさせて頂いて、今まで言葉にするのが怖かったAKB48の選抜(メンバー)になりたい、STU48のセンターになりたいという目標も言えるようになりました。(ファンの)みなさんが同じ方向を向いて頑張ってくださって、そんなみなさんが本当に心強くて嬉しくて絶対に叶えるぞって思いました。嬉しい出来事もたくさんあったけど、その分悔しい出来事もたくさんありました。だけど、そんなときにみなさんが励ましてくださったり、一緒に悔しいって言ってくださったり、そんな言葉にすごく助けられました!そんなみなさんに恩返しをしたい、一緒に笑顔で喜びたいって思いました。だけど、そんなときにみなさんが励ましてくださったり、一緒に悔しいって言ってくださったり、そんな言葉にすごく助けられました!そんなみなさんに恩返しをしたい、一緒に笑顔で喜びたいって思いました。これからも色んなことがあると思いますがずっと前を向いて、色んなことを共有して、一緒に進んでいきたいです。私を応援していてよかったと思えるように最強のアイドルを目指してがんばります!みなさんのことが大切で大切で大切で、すごくすごく大好きです!これからもどうかよろしくお願いします!」と思いの丈を話した。

アンコールでは“千穂ちゃん”のコールで埋め尽くされる『ワッショイちほ!』で始まり、『ずっとずっと』『永遠より続くように』『君と虹と太陽に』を客席をトロッコで練り歩きながらパフォーマンス。「最後の曲になっちゃうんですけれども、私のアンコールにすごくすごく最高に大好きな盛り上がる曲を詰め込んでいきたので最後の曲も”夢力”をいっぱい出していきたいと思います!」と会場全体で『夢力』の曲振りと共にラストの楽曲を披露し、ファンの笑顔で溢れた石田千穂のソロコンサートは幕を閉じた。
(C) AKS

(C) AKS

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着