スパイダーマンの宿敵がまた一人スク
リーンに ジャレッド・レト主演『モ
ービウス』日本公開が決定&予告も解
禁に

映画『モービウス』が2020年に公開されることが決定。あわせて予告編が解禁された。
『モービウス』は、1971年のマーベル・コミック『アメイジング・スパイダーマン』で初登場した“モービウス・ザ・リヴィング・ヴァンパイア”を主人公とする映画だ。モービウスは原作コミックではスパイダーマンの宿敵として知られる人物。天才的な頭脳を持つドクターだが、幼い頃から治療の術がない血液の難病を患っていた。ノーベル賞をも手にしたモービウスだが、多くの命を救いながらも、己の病を治す方法だけを見つけられず、肉体を蝕まれていく。やがて彼はコウモリの血清を使い、自身を被検体として人体実験に手を染め、恐るべき力を手に入れることになる。
主人公モービウスを演じるのは、『ブレードランナー 2049』『スーサイド・スクワッド』などのジャレッド・レト。『ライフ』『デンジャラス・ラン』のダニエル・エスピノーサ監督がメガホンをとる。

公開された予告編では、モービウスが変貌していく様子が描かれているほか、終盤には『スパイダーマン:ホームカミング』にヴィラン“バルチャー”として登場したマイケル・キートンの姿も確認できる。
『モービウス』は2020年全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着