マイアミパーティが大阪でザ・モアイ
ズユー、reGretGirlと競演ーー熱狂の
バトンリレーで魅了する

マイアミパーティ presents『一語一会』2019.12.11(WED)心斎橋Pangea
12月11日(水)、LIVE HOUSE Pangeaにて『マイアミパーティpresents 『一語一会』東阪ツアー』の第2夜・大阪公演が開催された。主催・マイアミパーティが大阪をホームとするザ・モアイズユーとreGretGirlを招き、会場を大いに沸かせたこの日の模様をレポートする。
ザ・モアイズユー
本多真央(ザ・モアイズユー/Vo.Gt)
ライブは彼らの持ち味である切なさを全開にしつつ、やさしいメロディと歌声の「花火」でスムーズに幕を開けると「光の先には」で着火。本多(Vo.Gt)も以登田(Ba)も雄叫び暴れ、続くイキイキとしたポップ&ロックで会場のボルテージをさらに上げて、前向きな曲のメッセージを聴く者に刻みつける。観客も繰り広げられる青春の音楽をハンズアップで謳歌。あっと言う間に甘酸っぱさがその場を支配する。
ザ・モアイズユー
そして初競演のマイアミパーティに向け「リハーサルを見たけど本当にいいよね。こういうバンドに選んでもらえたっていうのを誇りに思います」(本多)と語り、今度は「トーキョー・トレイン」からますますセンチメンタルに……。
別れのシーンを泣き笑い的に描くナンバーは徐々に熱量が増幅し、フロアにはリップシンクする人もいたが、次のゆっくりとしたバラードではガクンと別世界にチェンジ。ソフトなボーカルが心をザワつかせるエバーグリーンな楽曲は見えない花吹雪を舞わせたと思いきや「fake」と「何度でも」という2曲でアグレッシブな締めくくりへ。弾けるドラム、突き抜けるサビ、荒ぶる2弦にたくさんの拳が振り上げられ、高揚感、達成感、満足感に満ち満ちて、次のステージへと熱いバトンをつないだ。
reGretGirl
平部雅洋 (reGretGirl/Vo.Gt)
「どうして今日なんだ」のひと吠えで突破するようにスタートを切ると、失恋のモヤモヤを吹っ切るかのごとく疾走。メリハリのきいたボーカルで揺さぶったり、3つの音が上昇気流を作ったりして観客を巻き込んでいく。
だが、MCになれば平部(Vo.Gt)が「(マイアミパーティの)さくらい君の恋愛の仕方が(自分と)合い過ぎてて…(笑)。馬が合うんですよね。僕やさくらい君は顔がカッコ悪いじゃない? で、振られることが多いんですけど、モテないわけじゃないから(笑)!」と明け透けなMCで笑いも投下。
reGretGirl
しかし曲に戻れば「おわりではじまり」のミュートからの爆発や、「デイドリーム」のひとり言のようなボーカルから感極まるような歌い上げで、曲後に静寂が訪れるほどに引き込み、曲の物語を見事に紡ぐ。
そして平部は今日と同じ会場で数人しか入らなかったというザ・モアイズユーとのライブの思い出を感慨深げに話すと、自分の経験を重ねるように「みんなは何が不安だ? 明日が怖いか??」と問いかけて「ホワイトアウト」へ。スピードも十分にずんずん突き進み、ファルセットで爽快感も合わせて昇天。大サビでは一緒に歌う人が続出した。3人が去っても曲を口ずさむ声が消えなかったのは、このラストナンバーが確かな爪痕を残した証しだろう。
マイアミパーティ
さくらいたかよし(マイアミパーティ/Vo.Gt)
「(2組が)つないでくれたバトンを無駄にはしない!」という、さくらい(Vo.G)の宣言から、「シスター」と「未来予報」のハイスピードで猛ダッシュ。観客の拳も突き上がり前のめりだ。しかもレゲエに展開したり、さくらい・セルジオ(Ba)・中川(Gt)のユニゾンで直球を投げたりと、瞬く間に4人の世界観を完成させる。加えてミドルチューンではたゆたうようなラップや軽快に彩るギターも混ぜて飴と鞭の加減も絶妙。
だがここからが真骨頂とばかりに、煙に巻くようでいて本音も見え隠れする独特なさくらいの語りと曲で層を作りながらの時間へ。日記的な質感を持ちつつ表情を次々に変えるロングチューン、頭を無にする高速ラップに清涼感もブレンドした「夜明け前」、それと対比的にゆったりとリズム隊が時を刻むストーリー性の濃い「レイトショー」と続き、気づけば深みに……。

マイアミパーティ 撮影=竹本みずき

そして来春リリースの発表も挟んで今度は新曲も披露。そのどこかホッとするしなやかなサウンドで別の一面を見せれば、日々を綴るさくらいの言葉もスッと浸透して拍手も…。とは言え、ラストスパートは「つれづれ」からの急激な再浮上! オリエンタルな香りもまとう響きはクラップを伴って高まり、「一縷」の迫真のプレイには観客も思わず真剣な眼差しに。そんな高純度の空間に「一緒に見たい景色がある。ついて来てください」とさくらいが呼びかけ、本編は終わりを迎えた。

マイアミパーティ 撮影=竹本みずき

そしてこの日はサービス満点のアンコールが! さくらいが「1回やってみたかったことがある」とreGretGirlの十九川(Ba)を舞台に上げ、中川と3人で並ぶと「わ~イケメンに囲まれてる(笑)」とにんまり。またセルジオが戻れば「しっくりくるわ。締めのラーメンみたい(笑)」とメンバーいじり。
さらに弾き語りでひと節を聴かせたあとは、ほどよい青臭さを感じる新曲と、真ん中をいくロックの「ジーザスクライスト」で爆音も鳴らし、3バンドと観客が一つになって盛大に打ち上がった。
マイアミパーティ presents『一語一会』
取材・文=服田昌子 撮影=竹本みずき

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着