『パンキーファインのそれでいきましょう! V-MUSICジェネシス日記』

『パンキーファインのそれでいきましょう! V-MUSICジェネシス日記』

あけましておめでとうございます。
紅白出ちゃいました。

テレビデビューで紅白出場⁈

あけましておめでとうございます、パンキーファインです。
Funkミュージシャンやってます。まずは、改めてご挨拶です。
そうなんです、年明け早々ファンキーな出来事がありました。はい、紅白に出場しました。
「NHKバーチャル紅白歌合戦」元旦のNHK総合ですよ、どんなに力があるんだ!うちの事務所は⁈って、ワタクシ、事務所入っていましたっけ?
2020年1月1日放送 バーチャル紅白歌合戦(NHK総合)

2020年1月1日放送 バーチャル紅白歌合戦(NHK総合)

電脳少女シロさんとデュエットで
「WON’T BE LONG」

今回パンキーは、あの大人気Vtuberシロさんとデュエット!
Punky Fine featuring 電脳少女シロ

Punky Fine featuring 電脳少女シロ

しかも、NHKさんのリリースを見たら「Punky Fine featuring 電脳少女シロ」と!おい、逆だろ!
と思わず一人で突っ込み入れちゃったわよ。
しかし、撮影は楽しかった。ホント、新たなエンタメ作りね。
トムさん仕込みのダンスステップと、シロさんの広いココロでとってもナイスコラボが出来ました。
シロさん、ありがとうございました!
ちなみに、今回のコンセプトは「バーチャルvsリアル」とのことで、錚々たるVtuberの皆様に加え、
これまた錚々たるリアルな大先輩たちが!

(c)NHK All rights reserved.

パンキー、ド新人もド新人。
なぜ選ばれたんだって感じだけど、やはり、トムさんとの「コンビのオリジナリティ」を面白がって貰えたみたい。
ある意味、ワタクシ達、ひとり紅白?みたいなものね、リアルとバーチャルのシームレスというか一体というか、これからの芸能エンタメの一つになると思うのよね、これって。
だから、それをNHKさんに認めてもらえたってのは、パンキーとして嬉しいのは勿論だけど、今後の芸能エンタメの進化の為にいい影響が出るんじゃないかな、って思ったりしてます。
ってなことで、今年の抱負なんぞを一つ。
ライブやりたいね、ライブ!

次回トークのお相手、
キミノミヤさんはバイリンガル!

さあ、今年もどんどんお知り合いを増やしていくわよ!ということで、
近々お会いするトークのお相手を発表します!
そうです、―日英バイリンガルVtuber「キミノミヤ」さんです。
日本の魅力を世界に発信しているキミノミヤさん、色々と面白いお話を聞いちゃいたいと思います!
では、今年も益々ファンキーによろしく!

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着