都はるみ初のトリビュートアルバムに
大竹しのぶ、一青窈、ミッツ・マング
ローブら

日本を代表する国民的歌手・都はるみ初となるトリビュートアルバム『都はるみを好きになった人~tribute to HARUMI MIYAKO~』の発売が決定した。

2020年は東京オリンピックが開催されるが、前回の東京オリンピック(1964年)の年にデビューした都はるみは、昭和~平成の2つの時代を駆け抜け、令和になった現在もなお国民的人気を集めている。そしてオリンピックイヤーとなる2020年の都はるみの誕生日である2月22日に、トリビュートアルバムをリリースする。
参加アーティストは、大竹しのぶ一青窈ミッツ・マングローブ、UA等、世代やジャンルを超えて都はるみをリスペクトする9組が集結した。カバーされた楽曲は、初のミリオンセラーとなりレコード大賞新人賞を獲得した「アンコ椿は恋の花」(高橋洋子)、1976年の紅白歌合戦の大トリで歌われた最大のヒット曲「北の宿から」(UA)、自身のコンサートでは必ず最後に歌われ、都はるみのテーマ曲ともいえる「好きになった人」(一青窈)、作曲家・岡千秋とのデュエットで話題となった「浪花恋しぐれ」(水谷千重子&Chage)など、6曲のミリオンセラーを含む全9曲が収録された究極のトリビュートアルバムとなっている。

CDの発売に先駆け、本日25日よりアルバムに収録される4曲を先行してデジタル配信される。

V.A『都はるみを好きになった人~trib
ute to HARUMI MIYAKO~』

12月25日 4曲先行配信スタート
「アンコ椿は恋の花」高橋洋子
「好きになった人」一青窈
「浪花恋しぐれ」水谷千重子&Chage
「千年の古都」大竹しのぶ

2020年2月22日 CD発売
COCP-41009 / 3,300円(税込)
M1. UA/北の宿から(1975年)
M2. 怒髪天/涙の連絡船(1965年)
M3. 一青窈/好きになった人(1968年)
M4. 民謡クルセイダーズ/アラ見てたのね(1966年)
M5. 畠山美由紀/大阪しぐれ(1980年)
M6. 水谷千重子&Chage /浪花恋しぐれ(1983年)
M7. 高橋洋子/アンコ椿は恋の花(1964年)
M8. ミッツ・マングローブ/花の乱(1994年)
M9. 大竹しのぶ/千年の古都(1990年)

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着