SANABAGUN.、最新アルバムより「Sta
y Strong」MVフル公開 『SNB.勝手に
カレーフェア』も開催中

SANABAGUN.が10月にリリースした最新アルバム『BALLADS』より「Stay Strong」のMVがフル公開された。
これまでのSANABAGUN.のMVも度々手がけているSeiya Kawamuraが監督を務めた今作。アルバムの中でも一際サナバらしいメッセージ・ソングとも言える楽曲なだけに、MVではよりメンバーのパーソナルをクローズアップした、個々の「Stay Strong」であろうとする姿が映し出されている。
また、SANABAGUN.のオフィシャルTwitterでは、現在『SNB.勝手にカレーフェア』が開催中。アルバム収録曲の「ス・パ・パ・パ・イ・ス 〜想い出のお母さんカレー編〜」が話題になったことを受けて始動した本企画は、自分が食べたカレー(自作、他作問わず)の画像を貼ってTwitterにハッシュタグ「#スパパパイス」付きで投稿すると、同画像が「今週の #スパパパイス」として定期的にオフィシャル・アカウントの映像で使用される。

また、SANABAGUN.は最新アルバムを引っさげたツアー『TOUR BALLADS』のファイナル公演を12月13日(金)に東京・マイナビBLITZ赤坂にて開催する。すでに2階席のチケットはソールドアウトとなっており、1階席も残りわずかとのこと。気になる方は早めにチェックを。


【リリース情報】

SANABAGUN. 『BALLADS』

Release Date:2019.10.23 (Wed.)
Label:CONNECTONE
Tracklist:
01. Somebody 
02. Sweet Dreams feat. 藤原さくら 
03. 45
04. Taco 
05. Fever 
06. Punch Me Panda 
07. C.$.C
08. Mystery
09. ス・パ・パ・パ・イ・ス  〜想い出のお母さんカレー編〜
10. move on
11. Stay Strong 
12. 浪漫飛行 feat. Creepy Nuts

参加プロデューサー:
西寺郷太 (Track 08)
DJ UPPERCUT (Track 11)
Yusuke Nakamura (Blu-Swing,LastElectro) (Track 01 & 06)

■ アルバム『BALLADS』特設サイト(https://www.sanabagun.net/ballads)


【イベント情報】

ALBUM RELEASE TOUR 『TOUR BALLADS』

2019年11月1日(金) at 神戸 VARIT.
2019年11月4日(月・祝) at 札幌 Sound Lab mole
2019年11月15日(金) at 大阪 CLUB QUATTRO
2019年11月16日(土) at 名古屋 CLUB QUATTRO
2019年11月24日(日) at 仙台 MACANA
2019年11月29日(金) at 広島 CLUB QUATTRO
2019年12月1日(日) at 福岡 BEAT STATION
2019年12月13日(金) at 赤坂 マイナビBLITZ赤坂

●全公演
OPEN 18:15 / START 19:00
料金:前売 ¥3,780 (1D代別途)

■ SANABAGUN. オフィシャル・サイト(http://sanabagun.jp/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着