滋賀県出身の有名なバンドやインディ
ーズバンドを紹介します。売れるため
のライブハウス、フェスとは。

今回は滋賀県発の有名なバンド、これから人気になるであろうインディーズバンドを紹介していきます。また、売れたバンドが出演していた滋賀県のフェスやライブハウスを解説します。
滋賀県でバンドを応援した方や、滋賀県から売れて行きたいバンドメンバーの方はぜひご覧ください!

滋賀県で有名なバンド、インディーズバ
ンド

まずは滋賀県発で有名になったバンド、またはこれから人気になるであろうインディーズバンドを紹介して行きます。
滋賀県出身でおすすめしたいバンド、1組目はWAMCADOLE(ウォンカドーレ)というバンド、2011年に結成された4ピースロックバンドです。
このバンドをオススメする1番の理由としては、ボーカル樋口の歌声でしょう。まるで雄たけびのようで非常に魅力的です。彼らの楽曲はゴリゴリのロックにも関わらず、ポップさも感じられます。今の邦楽には類を見ない雰囲気で最高です。とにかくより多くの汗をかき、より喉へダメージを与えようとしているかの様な熱量の高いライブが最大の魅力のバンドです。
かといって、音源に魅力がない訳ではありません。ルースターズやミッシェルガンエレファントから受け継がれてきた「日本のロックンロール・バンド」のように、しゃがれた叫び声に込められた丸裸の思いがそのまま録音されており、全ての楽曲がクオリティの高い作品に仕上がっています。
特に2018年にリリースされたフルアルバム「今宵零時、その方角へ」には、ライブで盛り上がるアップチューンから初恋を歌ったようなバラードまで幅も広く、誰もが楽しめる名盤です。特にアオキハルへという楽曲は今やWAMCADOLEの代表曲です。アオキハルという楽曲からは、彼らの特徴である疾走感が存分に感じられ、曲の終盤ではボーカルの雄たけびがより魅力的です。
また、音楽面だけでなくメンバーの精神面を見てみても、最近の若手バンドにありがちな「お客さんを踊らせる」や「お客さんに媚びる」といった風潮に真っ向から中指を立て、噛み付いていく、飢えた猛獣のようなスタンスをしており、それも彼らが真のロックバンドたる所以となっています。
そういった周囲に対する「怒り」なども隠さずに表現してしまうのも魅力の一つで、4曲入りシングル「アオキハルヘ」に収録されている「人間なんです」にはボーカルの舌打ちの音がそのまま収録されていたりもします。
ライブが一番の魅力だからこそ、ライブをそのまま詰めたようなCDも魅力的なのです。
また、演奏スタイルやビジュアルも彼らの魅力でしょう。特にボーカル樋口のギターの位置が特徴的で、彼のギターであるジャズマスターは腰よりかなり低めの位置に構えてストロークしている姿はファンの中でも評判です。ボーカル樋口の影響でギターを低く構えて演奏する方も多いのではないでしょうか。上記の通り、また画像からもわかるようにメンバーのルックスも抜群です。途中加入したベース黒野は非常にイケメン。私服はもちろん、ライブで着用している服もおしゃれ、ルックスも完璧でファンからの人気は絶大です。
WOMCADOLEは音楽面でもビジュアル面においても、滋賀県から新しいロック界を背負っていくバンドでしょう。メディアではあまり紹介されていませんが、今後のフェスで必ず主役を飾っていくこと間違いなし。ライブは野外よりライブハウスのような箱で聞いた方が、よりボーカル樋口の声が染み渡るのでオススメです。
是非そんな滋賀出身のバンドWOMCADOLEを一度聴いてみてください。
シナリオアート
滋賀県出身でおすすめしたいバンド2組目はシナリオアート。シナリオアートは男女ツインボーカルの3ピースロックバンドです。
ギターボーカルのハヤシコウスケとドラムボーカルのハットリクミコの2人のボーカルが作りだす独特の世界観はまるで絵本のよう。優しさに包まれるようでありながら、パワーを感じられる音楽が聴く者をシナリオアートのファンタジーな世界に連れていきます。人間の本音の部分を表す彼らの楽曲、特に歌詞は、聞く人に無理に飾ったりカッコつける必要が無いことを示してくれています。一般的に、3ピースだとバンド全体の音圧が少なくなってしまうことが多いですが、ベースのヤマシタタカヒサがうねるようなベースラインを作り出していることで重厚な音圧を再現しています。ヤマシタタカヒサはKANA-BOONのサポートメンバーとしても活躍しています。
シナリオアートのおすすめしたいアルバムはセカンドフルアルバムの「Faction  World」。単純に、シナリオアートの良さが存分に現れているアルバムに仕上がっています。疲れた時に、がんばれと言うのではなく、少し休もうと言ってくれるような曲が多く収録されており、聞いていて癒されます。学校、仕事などでしんどいこと、嫌なことがあり、建前でしか生きることのできない社会からシナリオアートの音楽を聴けば解放されていきます。ぜひ疲れた時、嫌なことがあったときに聞いてほしいバンド、シナリオアート。2018年、所属事務所、レーベルから独立しフリーランスになった彼ら、の活動から目が離せません。

indiesmate

IndiesMateはインディーズバンドのための音楽専門サイト。当サイトでは、アーティストの無料記事掲載を行っています。音楽リスナーの方はもちろん、アーティストやレーベルの方も是非ご覧ください。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着