「60歳までやりたい」バンド・ジェニ
ーハイが1stアルバムへの想いを語る

川谷絵音(ギター、作詞作曲&プロデュース:indigo la Endゲスの極み乙女。など)、小籔千豊(ドラムス:吉本新喜劇座長)、くっきー!(ベース:お笑いコンビ野性爆弾)、中嶋イッキュウ(ボーカル:tricot)、新垣隆(キーボード:現代音楽作曲家、ピアニスト)からなるバンド・ジェニーハイ。彼らがいよいよ11月27日に1stフルアルバム「ジェニーハイストーリー」をリリースする。

それに先駆け、先日人気音楽番組「ミュージックステーション」に初出演した彼ら。各人の人気の高さと、それらが融合しバンドでオリジナル曲を披露する期待値、加え実際に彼らをここで初めて観、知った方々の反響は相当なもの。改めて彼らが音楽性やバンドとして世に認められた感があった。

そんな彼らの「ジェニーハイストーリー」リリースに際する合同インタビューが、上述の「ミュージックステーション」出演同日の午後に行われ、各位多忙ななか、唯一全員が揃い質疑を受けた。以下に、その回答とミーティアから投げかけた独自質問や筆者の私感も交えてお伝えしていく。


Interview&Text_Sukao Ikeda
Edit_Mine.k

多様性&個性爆発バンド・ジェニーハイ

その前にまず、ジェニーハイとはどんなバンドか? から紐解こう。BSスカパー!で放送されていたバラエティ番組「BAZOOKA!!!」。番組レギュラーの小籔、くっきー!、中嶋が番組の知名度を上げるために結成した同バンド。プロデューサー&ギターに川谷、過去同番組に出演経験もある現代音楽家の新垣を交え始動した。ちなみにくっきー!は自身でもバンドにてギターを担当していたがベースはこのバンドが初。小籔も数年前よりドラムを始め、現在も並行して「吉本新喜劇ィズ」も行っている。
2018年3月に配信曲「片目で異常に恋してる」でデビュー。2018年10月には1stミニアルバム「ジェニーハイ」をリリース。既に大型ロックフェスにも出演経験もあり、この度いよいよ1stフルアルバム発売とあいなった。またこの日から、彼らにとって初のコラボ楽曲「不便な可愛げ feat.アイナ・ジ・エンドBiSH)の先行配信も始まった。

それぞれの多忙さをラップでカバーした
ニューアルバム

まずはアルバム完成を振り返り、「こんなにメンバー間のスケジュールの合わないバンドも他にない。制作費が通常の10倍ぐらいかかった(笑)」と川谷。「半分がラップになっていて驚いた。よりいろいろなタイプの曲が揃った」と中嶋。「今回はまさかのラップが多かったので戸惑った。歌詞もなかなか覚えられないし、リズムに乗るのも大変ではあったが、いつかはそれも克服したい」と新垣が誓えば、「まさかのカバーが入っていて驚いた(実際はカバーは1曲もなし)」とくっきー!がボケる。対して小籔は真摯に、「新曲が来るたびに、その難しさに背筋が凍る思いがした。こんな新米ドラムでもここまでできたところをぜひ聴いて欲しい」と告げ、その大変さを「2曲で15時間かかった曲もあった」と語った。その言葉には、その努力故に演奏力が増し、より楽曲のバラエティさに対応できていたことを頷かせた。
重複するが今作では「ラップの割合が増えた」のも特徴的。他己紹介的な「ジェニーハイラプソディー」、あえてクールでアブストラクト、各人のスキルが試された「ヘチマラップ」、“♪背筋ピーン♪”のフレーズも印象的なこちらも自己紹介的新ラップ「愛しのジェニー」、バレンタインでの各人の淡い想い出やエピソードを想起させる「バレンタイン泥棒」などが耳を惹く。これらの楽曲に対し川谷は、「スケジュール上、バンドだけだと難しいと思いラップの曲が増えた(笑)。会話で話しているなかでできた曲もあった」とその裏側を語り、くっきー!は、「レコーディングも楽しかった。完成した曲が動き出すのがいい」と振り返った。そして新垣は「普段とは違ったエネルギーを使った」と語り、中嶋も「ジェニーハイでは自分のいいところ以上を目指した」とその作意を語ってくれた。
他にもさまざまな音楽活動を並行している川谷は、ジェニーハイと自身の他の活動での楽曲制作の差別化を「普段自分では作らないタイプの曲がこのバンドでは作れる。完成に時間がかかったが自分にとっても成長になった。それこそ全曲シングルでもいいぐらいの各曲自信作」と語り、その理由のひとつとして、「こんなバンドがゆえにふざけて映るかもしれないが、だからこそ本気で真剣にやった。歌詞は笑えるけどメロディやサウンドはかなり本気です」と真意を告げ、それを受けた小籔やくっきー!も、「本職が芸人だからこそ真剣にやった。自分では頑張っていたつもりでも、楽曲を聴き返すといつもまだまだで。ドラムの練習のために飲みに行く回数も減った(笑)」(小籔)、「アドバイス通り、あえて指引きに挑戦した。おかげさまでフック奏法を会得しさらに演奏の楽しさに目覚めた」(くっきー!)と、今作を経た成果を教示してくれた。

メンバーの個々が映える、メロウな楽曲
も必聴

また、ミーティアは今作が、より各人の実力や魅力を引き上げている面に着目。そのあたりを各人に聞くと……。

「ここまでやってきて、みんなの得意な部分が分かったので、あえて今回はみんなが得意じゃないところも多くいれてみた。このバンドは他と違い、“みんなで上手くなっていこう”“ここが苦手だから克服していこう”と成長していくバンドでもあるので、今回はあえてそこに挑んだ。結果、自分の予想もつかないものが生まれたのが面白かった」(川谷)

「かなりのスパルタでした(笑)。そのおかげもあり、かなり成長できた実感があります」(くっきー!)

「終始大変で、楽なところは全くなかった。エンディングをむかえて毎度ホッとする状態で。スパルタといえば去年の5月ごろにいきなり新曲5曲を2ヵ月ほどで覚えなくちゃならなくて本当に大変でした。いつもは2ヵ月かけて1曲をかたちにするペースで習得していたんですが、そのころは吉本新喜劇の全国ツアーとも重なってほぼぎっくり腰状態でした(笑)。でも、それらを経て一皮剥けた感は非常にあります」(小籔)

「前作を経てだいぶ肩の力を抜いて歌えるようになりました。前より確実に自分を歌に出せるようになったかなと。ただ指導通りに歌うのではなく、きちんと自分で理解し咀嚼して歌にいどめたので、そのあたりの反映を感じてもらえたら嬉しいです」(中嶋)

「ほかもいろいろとやっている中、これだけの曲を提供してくれて、川谷さんの自分たちにかけてくれるエネルギーや情熱が嬉しくて。なるべく応えようと各曲挑みました」(新垣)
基本的にはキャッチーさや覚えやすさ、がゆえの親しみやすさと多少の毒々しさやエモさも含んでいる彼らの楽曲だが、逆にしっかりと聴かせ、浸らせるメロウな曲もいくつか今作では目立った。中でも1曲目の「シャミナミ」やラストの「まるで幸せ」からは、そのあたりが強く感じられる。ほかにもアイナ・ジ・エンド(BiSH)をまじえた切なくてメロウなデュオ曲「不便な可愛げ」、くっきー!や小籔を試すかのような変拍子と哀愁漂うメロウさも印象的な「プリマドンナ」、ゲスの極み乙女。を彷彿とさせる切なさとメロウとの同居とグータラを問う、くっきー!のスラップも聴きどころな「グータラ節」もその類い。
そんななか、「まるで幸せ」に関しては、「ラストは真面目に終わらせたかった。超どバラードにして、これもジェニーハイだからできたし作れた。今後が見えたし、また違ったことにも挑戦したくなった更なる幅を広げられた、より人柄も出たアルバムになった」と川谷。「特に真面目にやった」と小籔、「途中で泣いちゃって練習どこじゃなかったいい曲」とくっきー!が続け、「最後にストレートなバラードができてよかった」(新垣)、「ファンの方も一緒に歌いたくなる。ここまでのどラブソングは歌ったことがない」と中嶋が締めた。

バンドとして確立し「60歳までやりたい

年末には大型カウントダウンイベントにもすでに出演が決定している彼ら。ここでは疾走感とドライヴ感溢れるサウンドの上、ダイエットの哀しい誓いがなされる今作収録の「ダイエッター典子」も映え盛り上がりそうだ。目標のひとつでもあった「ミュージックステーション」への出演も早々に叶い、次にどのような目標や方向性に向かっていくのか? それには、彼らの以下の力強くもユーモラスな言葉たちを参照して欲しい。

「喧嘩ぜず60歳までやりたい。その際は“15年続けたらここまで上達するものなんだな……”と感心してもらえるようになりたい(笑)」(小籔)

「今後はP(川谷)が楽曲制作に疲れたり煮詰まったら自分が作る。次は2曲程は自分の曲を入れたい(笑)」(くっきー!)

新垣は「ラップを上達させますから見ていてください!!」と力強く語れば、中島が「集まるだけで楽しい。目標は長く続けること。そして“中島イッキュウ 彼氏”で検索されること(笑)」と告げ、最後は川谷が「色メガネではなく、ちゃんとしたバンドとして認められるようにしたい!!」との気概を改めて力強く誓った。

その言葉を裏付けるように、この日の「ミュージックステーション」をはじめ11月27日の今作リリース、同日晩には、リリース記念フリーライブが東京・六本木ヒルズアリーナにて行われ、年末のCOUNTDOWN JAPANでもその雄姿や実力を魅せてくれる彼ら。今作を機に、より「バンドとしての真剣さと本格さ」を感じさせ、それを今後ますます確立し私たちに確信させてくれることだろう。各人多忙がゆえにその進みはマイペースかもしれない。しかし、今後ますますのその活動の活発化と充実化を期待したい。
<ジェニーハイ>
オフィシャルサイトはこちら

<1stアルバム「ジェニーハイストーリー」>
1. シャミナミ
2. ダイエッター典子
3. 不便な可愛げ feat アイナ・ジ・エンド(BiSH)
4. ジェニーハイラプソディー
5. プリマドンナ
6. ヘチマラップ
7. グータラ節
8. 愛しのジェニー
9. バレンタイン泥棒
10. まるで幸せ
購入はこちら

「60歳までやりたい」バンド・ジェニーハイが1stアルバムへの想いを語るはミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着