2019年10月30日 at マイナビBLITZ赤坂

2019年10月30日 at マイナビBLITZ赤坂

【清春 ライヴレポート】
『The Birthday』
2019年10月30日
at マイナビBLITZ赤坂

2019年10月30日 at マイナビBLITZ赤坂
2019年10月30日 at マイナビBLITZ赤坂
 この日、51歳となった清春。バンドでのメジャーデビューが25歳の時だったから、人生の半分以上はプロのシンガーとして過ごしてきたことになる。そして、案外そこに触れる人は少ないようであるが、彼はデビューからここまでまったく活動を止めていない。これは清春というアーティストを語る時、もっとも特筆すべきことだと思う。もちろん過去に在籍したバンドは幾度か活動を休止しているが、バンドが休止したからといって何もしない期間がそのまま2~3年間も続くことはなかったし、ソロ、バンドを含めて音源がリリースされなかった年はほぼなく、ライヴを欠かした年は一度もない。同時代に活動を始めたアーティストの中でその精力さは1、2を争うほどである。ソロデビューしたばかりの頃の取材で“もう歌詞なんて思い浮かばないよ”なんて冗談めいて笑っていたことがあったが、そこから数えても15年が経っている。《僕が居た 砂の城よ 脆く崩れ去って/振り返る 必要なんて初めから無いね》(「海岸線」)と歌っている清春本人にしてみれば、過ぎてしまったことに興味はないのかもしれないが、こちらとしては単純に頭が下がる想いではある。

 長く続けられた秘訣は、「星座の夜」の歌詞《今は願ってる 自然でありたい》ではないが、自然体で活動に臨める場所を求め続けてきたからであって、その果てに今回の『The Birthday』のようなライヴステージがあるのではないかと推測する。この日に限った話ではないけれど、ここ数年の清春の歌はとても伸び伸びとしているように感じている。極めて良い意味でエゴイスティックに歌っているように思えるのである。まさしく《自己陶酔》(「LAW'S」)であり、それが見聴きしているこちら側も心地良く感じられるのだ。それは、端的に言って、バックを務めるサポートメンバー──中村佳嗣(Gu)、大橋英之(Gu)、YUTARO(Ba)、FUYU(Dr))との相性の良さが相当に大きいような気がする。中村を除いて、10歳以上年が離れている。そこが良いのだと思う。みんな、確かなテクニックを持っているミュージシャンでありながら、しっかりと清春への敬意を全面に出すことができているのであろう。中村だけは清春と同年代だが、寡黙で職人気質のギタリストである。そのギタープレイにおいて変な自己主張がないにもかかわらず、この人にしか弾けないフレーズをサラッと弾いている(ように見える)タイプではある。現在の清春を取り巻く座組は、清春が気持ち良く歌うスタンスが確実にあることは間違いないし、その状況を創り上げてきたのは他ならぬ清春本人である。

 一方で、これもまた推測ではあるが、安定、安寧の場所に留まらず、ピリリとした緊張感を欲するのは、アーティストとして当然のことではあろう。その点では、アンコールでゲストにSUGIZOがサプライズ登場したのもまた納得できるものであった。氏曰く“永遠のライバルで、永遠の親友”同士。清春は赤いスーツで、SUGIZOは黒づくめと、並んだだけでも画になるふたりだ。「VOICE feat.清春」のイントロを鳴らしただけでSUGIZOの存在感が前面に出て来るし、明らかに場の空気は一変。T-REXのカバー「20th Century Boy」では、確実にこのふたりにしかできない独特のグラムロックを披露した。オーディエンスもその世界観に心酔していたが、清春、SUGIZOも満足していたことは両名の表情からもうかがえた。MCで清春は“あと5年くらいは続けていこう思う”というようなことを言っていたと思うが、この日のような安定とサプライズ、言い換えれば緊張と緩和をライヴステージで持ち得るのであれば、あと10年超は充分にやれると思う。それを確信させられた清春51回目の生誕日であった。

撮影:森 好弘・青木カズロー/取材:帆苅智之


セットリスト

  1. 1. 海岸線
  2. 2. confusion
  3. 3. 星座の夜
  4. 4. LAST SONG-最後の詞-
  5. 5. 悲歌
  6. 6. TWILIGHT
  7. 7. 瑠璃色
  8. 8. YOU
  9. 9. ベロニカ
  10. 10. Wednesday
  11. 11. 妖艶
  12. 12. LAW'S
  13. <ENCORE1>
  14. 1. EMILY
  15. 2. Masquarade
  16. 3. VOICE feat.清春 (with SUGIZO)
  17. 4. 20th Century Boy (with SUGIZO) ※T-REXカバー
  18. <ENCORE2>
  19. 1. マークはバタフライ
  20. 2. SANDY
  21. 3. HAPPY
清春 プロフィール

キヨハル:1994年、黒夢のヴォーカリストとしてメジャーデビュー。そのカリスマ性とメッセージ色の強い楽曲で人気絶頂の最中、1999年に突然無期限の活動休止を発表。同年、Sadsを結成。03年にはDVDシングル『オーロラ』でソロデビュー。そして、近年はライフワークともなった『MONTHLY PLUGLESS KIYOHARU LIVIN’ IN Mt.RAINIER HALL』という驚異的な公演数を誇るシリーズライヴを展開し、17年には“エレジー”と銘打った66公演はアコースティックという概念を大胆に覆すダークかつシアトリカルなパフォーマンスで演じ観客を魅了した。清春 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着