佐藤千亜妃、映画『転がるビー玉』に
主題歌書き下ろし

佐藤千亜妃が、2020年に公開される映画『転がるビー玉』の主題歌を担当することが発表となった。あわせて同作の予告編も公開されている。
『転がるビー玉』は、女性ファッション誌『NYLON JAPAN』の創刊15周年プロジェクトとして製作された作品。吉川愛、萩原みのり、今泉佑唯らが出演し、12月に『魔法少年☆ワイルドバージン』の公開も控える宇賀那健一が監督・脚本を務めている。主題歌には、佐藤千亜妃の書き下ろしによる「転がるビー玉」が決定した。

   ◆   ◆   ◆

「生きていれば少しずつ傷が増えていくけど、同時に少しずつ重荷がとれていく。上手く言葉に出来ない想いを抱えている全ての若者に、この作品が届きますように!3人の感情に音楽で寄り添うことが出来たことを、とても光栄に思います。」──佐藤千亜妃

   ◆   ◆   ◆
映画『転がるビー玉』は1月31日(金)より東京・WHITE CINE QUINTOにて先行公開。2月7日(金)より全国で順次公開される。

映画『転がるビー玉』

2020年1月31日(金)より先行公開・2月7日(金)より全国順次公開
CAST:
吉川愛、萩原みのり、今泉佑唯
笠松将、大野いと、冨手麻妙、大下ヒロト日南響子、田辺桃子、神尾楓珠、中島歩、徳永えり、大西信満/山中崇
仁科あい、中尾有伽、手島実優、安倍乙、濱正悟、河合優実、浦山佳樹、比佐仁、高橋雄祐、青木将彦、川端康太、 内堀太郎、松川遥菜、佐々木穂高

STAFF:
監督/宇賀那健一
プロデューサー/戸川貴詞

【主題歌】 「転がるビー玉」 作詞/作曲 佐藤千亜妃  編曲 永澤和真(aspr)  レーベル:EMI Records

配給:パルコ|(c)『転がるビー玉』製作委員会

情報ページ: https://www.nylon.jp/korogarubidama_cf
オフィシャルTwitter: https://twitter.com/korogarubidama/
オフィシャルInstagram: https://www.instagram.com/korogarubidama/


1st Album『PLANET』

2019年11月13日(水)発売
CD+DVD:UPCH-20537 ¥3,800+税
CD:UPCH-20538 ¥2,800+税
配信リンク: https://lnk.to/CSPLANET

01. STAR
02. FAKE/romance
03. 空から落ちる星のように
04. You Make Me Happy
05. 大キライ
06. lak
07. Summer Gate
08. Lovin' You
09. Spangle
10. 面
11. キスをする
12. PLANET

【STUDIO LIVE】※UPCH-20537収録
空から落ちる星のように
大キライ

キスをする


<佐藤千亜妃ワンマンライブ「空から落ちる星のように」>

2019年12月6日(金)岩手・盛岡Club Change WAVE
2019年12月19日(木)東京・日本橋 三井ホール


<佐藤千亜妃 LIVE TOUR 2020 PLANET +>

2020年
4月25日(土)愛知・名古屋クラブクアトロ
4月28日(火)大阪・梅田クラブクアトロ
5月10日(日)福岡・DRUM Be-1
5月15日(金)岩手・盛岡Club Change WAVE
5月17日(日)東京・恵比寿 The Garden Hall
※詳細は後日オフィシャルサイトにて発表

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着