ななもり。(すとぷり)プロデュース、イケボの新星あっとくんのシングル「マッドディペンデンス」完成!

ななもり。(すとぷり)プロデュース、イケボの新星あっとくんのシングル「マッドディペンデンス」完成!

ななもり。(すとぷり)プロデュース、
イケボの新星あっとくんのシングル「
マッドディペンデンス」完成!

「マッドディペンデンス」発売決定!

世間に絶大な影響力を持つライバー、YouTuber、V-tuber等のインフルエンサー。
彼らが発信する音楽は今やサブカルチャーという枠を超えてJ-POPのヒット・シーンの中で一つのカテゴリー、ジャンルを確立している。
注目のイケボの新星 あっとくんが新曲「CrazyCrash/ラマ」発売!!
https://utaten.com/news/index/20835
そのインフルエンサーの音楽界進出のサポートをテーマに発足した新レーベル「フォーライバー(FORLIVE-R)」からの第一弾アーティストが、ツイキャスでASMR配信を中心とした活動を続け、Twitterフォロワー数、YouTube登録者数、ツイキャスの同時接続者数など爆発的に増やしている、今、最も期待されるライバーの一人、あっとくん。
その、あっとくんの第2弾シングル「マッドディペンデンス」が12月25日に発売されることが決定した。
タイトルの「マッドディペンデンス」は互いを狂おしいほどに求め合う男女を、「狂依存」という言葉で綴ったもの。

プロデュースは前作同様、すとぷりのリーダーななもり。が担当、そして作詞はあっとくん自らが手掛け(共作)「エロ可愛い」その世界観を存分に再現している。
また、この曲では歌以外にもRAPにも挑戦!アップテンポで刺激的な楽曲はLIVE映えし、盛り上がりもピークとなることは必至な一曲。
共作の作詞、そして作曲、編曲には高校生対抗eスポーツ大会「STAGE:O」の音楽を担当し、Hey! Say! JUNPやKAT-TUNなどの楽曲も手掛けたシマダユウキを迎え最新のダンスチューンに仕上げている。
カップリング曲「ザレゴト」は1stシングル「CrazyCrash」を手掛けた内山栞。
AKBなどのヒット曲を送り出してきた彼女の楽曲は生バンドをバックにスモーキーな空気感を醸造、超毒性の高いスローテンポなイケボ曲となっている。
ワンマンライブも開催!
またあっとくんは12月23日六本木EXシアターでワンマンライブ「あとわん!Vol.3~六本木でメリクリ~」も開催。
この会場では、ここでしか手に入れることが出来ない会場限定盤も発売される。
このライブと25日の新曲発売。ファンにとっては素晴らしいクリスマス・プレゼントとなる事は間違いない。
あっとくん コメント
今回オリジナル4曲目の楽曲にして、初の作詞とラップに挑戦しました。
経験したことのない世界への挑戦からくる興奮がありましたが、その反面、自分の実力も正解もわからない不安があり、どうなるか心配でした。
作家のシマダさんには打ち合わせの時から親しくしていただき、とてもいい環境で曲作りができました。作詞もしっかりサポートしていただいたので、『あっとくん』としての個性を存分に出すことができた歌詞だと思っています!
これまでとはまたジャンルを変えて、とてもとてもノリのいいアップテンポな曲となっています。
是非聴いてもらって、ライブで『狂依存』しようぜぇぇぇぇ!!!
シマダユウキ コメント
今回の楽曲はあっとくん自身が作詞、さらにラップもするということでライブで大盛り上がりしている画を100万回以上、脳内再生しながら楽曲制作を進めました。初めてお会いした打ち合わせでは、正直、あっとくんがイケボすぎて打ち合わせ内容が入って来なかったです。
それくらい濃密で幸せな打ち合わせでした。この声をもっとたくさんの人に聞いてもらいたいです。
アップテンポなサウンドに乗るあっとくんの歌、言葉、歌詞の世界観に存分に依存してください。
あっとくんの新たな一面となる楽曲に参加できて光栄です。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着