ベストセラーのデスクトップ型オーデ
ィオインターフェイスApollo Twinの
新モデルが登場

Universal Audioの人気オーディオインターフェイスApollo Twinの新モデルが登場。第3世代モデルとなる「Apollo Twin X」2機種、入出力を増強した「Apollo x4」1機種のラインナップで10月23日より発売開始となった。

アナログハードウェアメーカーならではの高品位なオーディオインターフェイスに、UAD-2プラグインがリアルタイムで動作するDSPシステムが合体したApolloシリーズは、2012年の発売以来プロフェッショナル環境を中心にベストセラーとなった。中でもデスクトップタイプのApollo Twinシリーズは、そのコンパクトさと購入しやすい価格から、ミュージシャンやトラックメイカーなど多くのユーザーの支持を集めた。

●Apollo Twin X
今回登場の第3世代モデル「Apollo Twin X」は、選びぬかれたAD/DAコンバーターを搭載した10イン/6アウトのオーディオインターフェイス。127dBを誇るDAのダイナミックレンジはマーケットに存在する他の業務用モデルと比較しても遜色のないオーディオクォリティを獲得。もちろん、Apolloインターフェイスの大きな特長であるUnisonプリアンプも2基搭載。先進のThunderbolt 3によってコンピューター(Macintosh/Windows対応)と接続する。
▲入力インピーダンスや回路動作も忠実に再現するUnisonテクノロジーに対応したプリアンプ2基を搭載したApollo Twin X。アナログ2イン/6アウトとADAT入力(S/P DIFオプティカル)を備え、最大10イン/6アウトを使用可能。

ラインナップは、SHARCプロセッサーを2基搭載したDuoコアモデルと、4基搭載したQuadコアモデルの2モデル。Apollo Xなどのラックモデルとデイジーチェイン接続して、あたかも1台のインターフェイスのように使用できる。

●Apollo x4
新ラインナップとして登場した「Apollo x4」は、4基のUnisonマイクプリアンプを搭載した12イン/18アウトのオーディオインターフェイス。SHARCプロセッサーも余裕の4基を搭載し、2基のHi-Zインプットや2基のヘッドフォン端子など、使い勝手も大幅に向上している。
▲Apollo x4はフロントに各2系統のHi-Z入力とヘッドホン出力、リアにUnisonプリアンプ4基、アナログ出力×6、ADAT入出力(S/P DIFオプティカル兼用)を搭載、合わせて最大12イン/18アウトを実現。
製品情報

◆Apollo Twin X / Duo価格:オープン(実勢価格 97,000円 税別)
※SHARCプロセッサーを2基搭載
◆Apollo Twin X / Quad
価格:オープン(実勢価格 150,000円 税別)
※SHARCプロセッサーを4基搭載
◆Apollo x4
価格:オープン(実勢価格 195,000円 税別)
※SHARCプロセッサーを4基搭載
発売日:2019年10月23日

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着