世の女性を虜にした「大恋愛〜僕を忘れる君と」の魅力とは?

世の女性を虜にした「大恋愛〜僕を忘れる君と」の魅力とは?

世の女性を虜にした「大恋愛〜僕を忘
れる君と」の魅力とは?

TOP画像引用元 (Amazon)

「大恋愛〜僕を忘れる君と」とは
『大恋愛〜僕を忘れる君と』(だいれんあい ぼくをわすれるきみと)は、2018年10月から2018年12月まで、TBS系列で全10話が放送されました。
原作本などはなく、脚本を手掛けた大石静の完全オリジナルストーリーとなっています。
ムロツヨシ演じる間宮真司がアルバイトをしている引っ越し業者は、アート引越センターが撮影に全面協力をしていることでも知られています。
引っ越し業者が使う小道具などは、全て実在のものを使用しています。
ドラマのあらすじの紹介
主人公の北澤尚は、産婦人科医としてKITAレディースクリニックに勤務している女医です。
年上の医者・井原侑市との結婚が決まり順風満帆な日々を過ごしていました。
結婚1か月前に、引っ越しをすることになり、引っ越し業者でバイトをしている元小説家の間宮真司と出逢います。
尚は、間宮真司が書いた小説『砂にまみれたアンジェリカ』が大好き。
2人が恋を始めようと思った矢先に、尚に『若年性アルツハイマー』の前段階の症状があることが判明します。
真司は、病気になった尚に対して惹かれていき、自分のことを忘れてしまう尚を支えていくことを決意します。
そして、真司は、尚と出会ってからの10年間の大恋愛の様子を小説にするのでした。
キャスト紹介
『大恋愛〜僕を忘れる君と』に出演をしていた主なキャストをご紹介します。
以下の4人以外にも、富澤たけし(サンドウィッチマン)や木南晴夏(5話以降)、小池徹平(6話以降)などの俳優が出演をしていました。
■北澤尚(きたざわ なお)演:戸田恵梨香
本作の主人公です。
北澤尚は、産婦人科医として働いています。
引っ越し業者でバイトをしている間宮真司が『砂にまみれたアンジェリカ』を書いた本人だと知り運命の出逢いをします。
真司と出逢った後に、若年性アルツハイマーの前段階であることが判明します。
■間宮真司(まみや しんじ)演:ムロツヨシ
北澤尚を支える売れない元小説家です。
尚と出逢い、人を愛することを知った真司は、もう一度小説家の道に歩むことを決意します。
そして尚と別れた後に『脳みそとアップルパイ』を完成させ大ヒットさせます。
■井原侑市(いはら ゆういち)演:松岡昌宏
尚の婚約者。
アルツハイマー病を研究している医者です。
婚約を解消した後も尚を医者として懸命に支えていきます。
■北澤薫(きたざわ かおる)演:草刈民代
尚の母であり、KITAレディースクリニックの院長を務めています。
病気になった尚を懸命に支えていきます。
「大恋愛〜僕を忘れる君と」の魅力
『大恋愛〜僕を忘れる君と』は、戸田恵梨香とムロツヨシがドラマの回を重ねるごとに本当の夫婦に見えてくる所が魅力的だと言えるでしょう。
運命的な出会いを果たした2人の最初は、尚の猛アタックにより真司が尚に惹かれていきます。
序盤の胸キュンポイントです。
また、居酒屋でご飯を食べるシーンでは、医者であるにも関わらず、尚の庶民的な感覚が女性の心を惹きつけたのかもしれません。
そして、居酒屋で、真司と尚が店員のアテレコをしながら楽しんでいる様子は、まさに本物の楽しそうに会話をしているカップルそのものです。
2人の笑っているシーンは、演技ではなくそのものの感情だと視聴者は受け取れます。
真司のことを病気が原因で忘れていく尚を支えていく夫としての真司もまた、かっこいいのです。
真司の懐の深さ、愛情深さに世の女性は、胸キュンをしていたはずです。
主題歌は間宮真司目線の歌詞に注目
主題歌の『オールドファッション』を歌うのは、ロックバンド・back numberです。
ボーカルである清水依与吏が作詞・作曲を手掛けています。
back numberの19枚目シングルが、今回ドラマの主題歌として使用されています。
『オールドファッション』とは、ドーナツの名前と同じだと解釈します。
ドーナツは、穴が真ん中に空いています。
主人公の北澤尚も若年性アルツハイマーの前段階であることが判明し、大切な人、家族、友達などを忘れていってしまうのです。
徐々に記憶を忘れていくことを穴が開いたドーナツのように表現をしているのではないのでしょうか?
その穴が開いた所を埋めていってくれるのが、支えてくれる家族や夫の間宮真司だと言えます。
どんなに穴が大きくあいたとしても、心の穴を埋めてくれる存在が尚の傍にはあったのです。
この楽曲は、間宮真司の目線から綴った歌詞だと考えて聴いてみるとより、ドラマのストーリーとリンクしていることが分かるのではないでしょうか?

オールドファッション 歌詞 「back number」
https://utaten.com/lyric/sa18102501
間宮真司からみた尚のことを書いていることが分かります。
小説家の間宮真司だからこその表現だと言えるでしょう。
尚は、明るい女性です。
しかし、ある日突然に若年性アルツハイマーの前段階であると分かり、尚の明るい性格が、病気になったことで、雪がちらつくような空の色と同じような心の変化があったようです。
病気であると分かってから一時は落ち込むものの、尚の長所である前向きさで、すぐに明るさを取り戻します。
真司との恋を精一杯に…という思いがあったのだと分かります。

オールドファッション 歌詞 「back number」
https://utaten.com/lyric/sa18102501
サビでは、尚と真司が一緒に運命を共にしている様子が分かります。
どれだけの時間が流れていっても、自分のことを忘れても、尚であることには変わりがありません。
単純なことだけど、誰が何といっても、尚を愛することを誓う真司の想いではないでしょうか?
風は花を咲かせるために吹いていることや、夜に月が出てきて綺麗なコントラストになることと同じように、真司は、尚という女性でないとダメなんだということが分かります。
まさに、物語のタイトルである『大恋愛』です。
▲back number -「オールドファッション」Music Video (TBS系 金曜ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」主題歌)
平成に誕生した恋愛ドラマの新たな名作
『大恋愛〜僕を忘れる君と』で戸田恵梨香とムロツヨシの自然体な演技により、本物の夫婦に見える様子は、とても印象的でしたね。
切なすぎるラストには、多くの視聴者が涙を流したに違いありません。
2人の10年に及ぶ純愛を全10話で放送し、放送が進むにつれ感動シーンや2人の胸キュンするシーンもたくさん登場しました。
ムロツヨシは、これまで恋愛ドラマに出演することがほとんどありませんでしたが、本作に出演をしたことで更にムロツヨシの魅力に気付いた方もいるのではないでしょうか?
多くの女性を虜にした『大恋愛〜僕を忘れる君と』は、平成に誕生した新たな恋愛ドラマの名作の1つになること間違いなしです。
是非、皆さんもご覧になってください。
▷金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』TBS
▷金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』Twitter
▷金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』Instagram
TEXT pooh_nm77

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen