sumika、ヒロアカ映画主題歌に新曲「
ハイヤーグラウンド」

12月20日(金)公開の映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』の主題歌に、sumikaが書き下ろした新曲「ハイヤーグラウンド」(発売日未定)が起用されることが分かった。

◆映画予告映像

「僕のヒーローアカデミア」(通称“ヒロアカ”)は、2014年7月に堀越耕平が「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて連載を開始して以来、既刊24巻のコミックスシリーズ累計発行部数は2400万部を突破し、これまでTVアニメ第1期〜3期が放送され2019年10月12日からは第4期の放送を控えている人気作品だ。映画シーンにおいても2018年夏に初となるアニメ劇場版が公開され、観客動員数139万人・興行収入17.2億円を記録した。


(c)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (c)堀越耕平/集英社

その主題歌「ハイヤーグラウンド」は、“高みを目指して”という意味を込め名付けられたという。今回の起用に関して、sumikaの片岡健太(Vo./Gt.)は「脚本を読んで、この映画に賭ける思いが伝わって、只事ではないと感じました。僕らも完成を、そして公開を楽しみにしています」と語っている。楽曲は、公開されたばかりの予告編で一部聞くことが可能だ。
  ◆  ◆  ◆

■【sumika/片岡健太(Vo./Gt.) コメント】
はじめて逆上がりが出来た日。「昨日と今日は違うんだ」と知って、明日が楽しみになったあの瞬間のことを、
もう一度思い出させてくれる大切な作品に、音楽家として携わることが出来て幸せです。
ヒロアカの一ファンとして、映画の公開を心待ちにしています。

■【プロデューサー/岡村和佳菜(東宝株式会社) コメント】
片岡さんとはじめてお会いした時、第一印象は爽やかで穏やか、でもお話するとすぐに中身が真っ直ぐで熱くエモーショナルな方だと感じました。
それはヒロアカが大切にしている芯の部分であり、きっと素晴らしいコラボレーションになると確信したのを覚えています。
主題歌「ハイヤーグラウンド」に込めて頂いた、『似通らないそれぞれの旗を掲げて、光の方角へ進んでいこう』というメッセージは、
まさにこの作品そのものが持つ大切なメッセージでもあり、素敵な宝物を頂いた気持ちです。

  ◆  ◆  ◆

なおsumikaは、ライブハウスツアー<sumika Live Tour 2019 -Wonder Bridge->を全国9都市18公演にて開催中だ。

■<sumika Live Tour 2019 -Wonder Bridge->

10月12日(土) 愛知県 Zepp Nagoya
10月13日(日) 愛知県 Zepp Nagoya <追加公演>
10月18日(金) 東京都 Zepp Tokyo
10月19日(土) 東京都 Zepp Tokyo <追加公演>
10月26日(土) 宮城県 SENDAI GIGS
10月27日(日) 宮城県 SENDAI GIGS
10月29日(火) 東京都 Zepp Tokyo
11月05日(火) 愛知県 Zepp Nagoya

■映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』

原作・総監修・キャラクター原案:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
アニメーション制作/ボンズ
公開日/12月20日(金)
(c)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (c)堀越耕平/集英社

公式サイト https://heroaca-movie.com/

関連リンク

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着