GUCCIMAZE のドキュメンタリームービ
ーが公開!

プレミアムラガービールブランド〈Budweiser(バドワイザー)〉と、日本の新しい音楽ビジネスモデルを創造する新鋭メディア 『lute(ルーテ)』がタッグを組み制作されたドキュメンタリームービー「UNREADABLE」が、luteのYouTubeチャンネル上で公開された。
公開されたのは、世界中のアーティストから熱視線を集める日本人グラフィックデザイナーGUCCIMAZE(グッチメイズ) にスポットがあてられたドキュメンタリームービーだ。

GUCCIMAZEってどんな人?

GUCCIMAZEとは・・・
神奈川県出身。
幼少期をロンドンで過ごし、帰国後は地元湘南にてサーフィンやスケートボードを通して、グラフィティをはじめとするストリートカルチャーに目覚める。

武蔵野美術大学在籍時にDJに興味を持ち始め、音楽とデザインの相互関係に気付き、本格的にグラフィックデザインの道へ。

グラフィティのバックボーンを感じさせる独特なシェイプのタイポグラフィや、鮮やかさとダークさを兼ね備えた色彩が国内だけでなく海外でも話題を呼び、 Nicki Minaj 、Post Malone、Flying Lotus 等といった海外の著名アーティストたちへもグラフィックを提供。
その他にも企業ロゴをはじめ、CD ジャケット、エディトリアルデザインやパッケージデザイン、WEBデザインなど広告デザイナーとしての一面も持ち合わせる。
BudweiserとGUCCIMAZEは、8月にはクロスカルチャーイベント「BUDXTOKYO」に先駆けたビジュアルコラボレーションを実施し、9月にドミサイル東京で限定発売されたコラボレーションTシャツは10分程度で完売(オンラインストア)するなど、この夏の話題なった事は記憶に新しい。
↑GUCCIMAZE氏が書き下ろしたコラボレーションTシャツ

今回のドキュメンタリーは 、〈Budweiser〉と気鋭のメディア『lute』がタッグを組み、Budweiserが上位概念とする“BE A KING”のメッセージを体現したエッジーな仕上がりだ。

GUCCIMAZEの作品にかける思いから作品の制作風景、彼を取り巻く環境やタイポグラフィにかける思いやデザイナーとしての観点などの見応え満点のストーリー本編に加え、サウンドトラックは全編にわたり「BUDXTOKYO」でもDJとして高い評価を得たGUCCIMAZEの盟友Mars89が担当。
↑ムービーの音源を担当したMARS89氏

世界から注目されるGUCCIMAZEの素顔をご堪能あれ。

———————————–
GUCCIMAZE Documentary
「 UNREADABLE 」
■Film Staff
Director: Hideto Hotta
Camera: Yuki Ono, Hideto Hotta
Editor: Akira Kamitaki
Music: Mars89
Title Design: GUCCIMAZE
Motion Graphics: Yuna Abe
Japanese Subtitle: Nojimi Arakawa
English Subtitle: Noriko Wada
Special Thanks: PETZ, Akemi Okamoto, Forestlimit, Barry Ashworth

GUCCIMAZE のドキュメンタリームービーが公開!はミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着