「ベースの日」ライブイベントにウエ
ノコウジ、武田祐介、マイケルら

ウエノコウジ

11月11日の「ベースの日」を祝したライブイベント<THE BASS DAY LIVE>の2019年の開催が発表された。
2014年12月に記念日登録され、今年で5年目となる「ベースの日」は、4つの「1」を4本の弦に見立て、“ベースという楽器を通して、音楽とふれあえるきっかけをもっと作っていこう!”という思いのもとに制定された記念日だ。東京・マイナビBLITZ赤坂で11月11日(月)に開催される<THE BASS DAY LIVE 2019>では、ウエノコウジ(the HIATUS武藤昭平 with ウエノコウジ、THE King ALL STARS)、武田祐介(RADWIMPS)、マイケル(夜の本気ダンス)の3人を中心に、ジャンルレスな一期一会のライブパフォーマンスが披露されるという。
▲武田祐介
▲マイケル

当日は、ウエノコウジと百々和宏(Vo)、有松益男(Dr)、ヤマジカズヒデ(G)、武田祐介と休日課長(B)、ひろせひろせ(B)、安井英人(B)、マイケルと長島涼平(B)、酒井亮輔(B)、有江嘉典(B)、辻怜次(B)、佐藤謙介(Dr)が共演。今年も「ベースの日」ならではの豪華で多彩なステージが実現する。
チケットの一般発売に先立ち、J-WAVEのインターネット会員サービス「J-me」では10月14日(月・祝)23:59まで先行予約エントリー受付が実施される。

<THE BASS DAY LIVE 2019>

2019年11月11日(月)東京・マイナビBLITZ赤坂
開場18:00 / 開演19:00 予定
出演:
■ウエノコウジ(the HIATUS, 武藤昭平 with ウエノコウジ, THE King ALL STARS)/Bass、百々和宏(MO’SOME TONEBENDER)/ Vocal,Guitar、有松益男(BACK DROP BOMB, PONTIACS,J)/Drums、ヤマジカズヒデ/Guitar
■武田祐介(RADWIMPS)/Bass、休日課長(ゲスの極み乙女。 , DADARAY, ichikoro)/Bass、ひろせひろせ(フレンズ)/Bass、安井英人(BIGMAMA)/Bass
■マイケル(夜の本気ダンス)/Bass、長島涼平(the telephones, フレンズ)/Bass、酒井亮輔(BRADIO)/Bass、有江嘉典(VOLA&THE ORIENTAL MACHINE, MOON・BEAM)/Bass、辻怜次 (Bentham)/Bass、佐藤謙介(髭(HiGE), パスピエ)/Drums

料金:
スタンディング 5,900円 (税込/入場時ドリンク代¥500別途必要)
2F指定席 6,600円 (税込/入場時ドリンク代¥500別途必要)
※未就学児童入場不可
一般発売日:2019年10月19日(土)
主催:J-WAVE / ベースの日実行委員会
企画・制作:ベースの日実行委員会
[問]DISK GARAGE 050-5533-0888 (平日 12:00~19:00)

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着