BiSH、史上最長の全国ホールツアーが
スタート

BiSHが10月5日、埼玉・サンシティ越谷市民ホールから史上最長、4ヶ月に渡り19ヶ所23公演をまわる全国ホールツアー<NEW HATEFUL KiND TOUR>をスタートさせた。
約1700枚のチケットが即完となった初日公演では、大阪城ホールでも映像演出をつとめた山田健人によるオープニング映像からスタート。宮殿を思わせるステージセットに、「サーカス団」をテーマにしたツアー衣装に身を包んだBiSH6人が、5名のバックバンドとともに登場。
最新アルバム『CARROTS and STiCKS』収録曲「DiSTANCE」「MORE THAN LiKE」や、「プロミスザスター」「BiSH -星が瞬く夜に-」等のアンセム、数年ぶりにツアーセットリストに組み込まれた楽曲に加え、もはやBiSH名物となったハシヤスメ・アツコを中心としたコントも炸裂し、アンコール含め全22曲、熱いライブを披露した。

来年1月のNHKホール2デイズまで続く今回のホールツアーで、BiSHが更にどのような成長を遂げるのか引き続き注目したい。
オンエア情報

WOWOW
BiSH「And yet BiSH moves.」
2019年10月31日(木) 22:00~


BiSH「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL “THE NUDE”」
2019年11月8日(金) 21:00~

https://www.wowow.co.jp/bish/


6th single「KiND PEOPLE / リズム」

2019年11月6日(水)

■初回生産限定盤 CD+Blu-ray+PHOTOBOOK [ショック吸収型BOX仕様]
AVCD-94636/B / ¥10,000(+tax)

■DVD盤 Single CD+DVD
AVCD-94637/B / ¥5,800(+tax)

■CD盤 Single CD
AVCD-94638 / ¥1,000(+tax)

[CD]
M1 KiND PEOPLE / M2 リズム

[Blu-ray]
・2019.07.03 LiFE is COMEDY TOUR FiNAL at Zepp Tokyo
(副音声:メンバーによるオーディオコメンタリー)
・LiFE is COMEDY TOURコント傑作選
・Music Video 2曲収録予定
・Making Movie

[DVD]
・2019.07.03 LiFE is COMEDY TOUR FiNAL at Zepp Tokyo

<NEW HATEFUL KiND TOUR>

2019年10月5日(土) 埼玉 サンシティ越谷市民ホール
2019年10月13日(日) 熊本 市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
2019年10月14日(月・祝) 福岡 福岡サンパレスホテル&ホール
2019年10月18日(金) 京都 ロームシアター京都
2019年10月22日(火・祝) 静岡 沼津市民文化センター
2019年10月27日(日) 香川 レクザムホール
2019年11月3日(日) 愛知 名古屋国際会議場センチュリーホール
2019年11月4日(月・祝) 愛知 名古屋国際会議場センチュリーホール
2019年11月14日(木) 東京 オリンパスホール八王子
2019年11月16日(土) 山口 周南市文化会館Z
2019年11月17日(日) 広島 上野学園ホール
2019年11月23日(土) 石川 本多の森ホール
2019年11月24日(日) 長野 ホクト文化ホール・大ホール
2019年11月29日(金) 神奈川 相模女子大学グリーンホール
2019年12月4日(水) 東京 東京国際フォーラム
2019年12月7日(土) 北海道 札幌文化芸術劇場 hitaru
2019年12月13日(金) 宮城 仙台サンプラザホール
2019年12月14日(土) 岩手 盛岡市民文化ホール(大ホール)
2020年1月10日(金) 兵庫 神戸国際会館こくさいホール
2020年1月11日(土) 大阪 オリックス劇場
2020年1月18日(土) 栃木 宇都宮市文化会館
2020年1月22日(水) 東京 NHKホール
2020年1月23日(木) 東京 NHKホール

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC