【短期連載】彩冷えるの『<辞するモ
ラトリアム>TOUR DIARY』第7回 イン
テツ編「居場所だね」

にゃんにゃん! ベースのインテツです☆ <辞するモラトリアムツアー>セミファイナルとなる9月23日、仙台JUNKBOXでのライブのお話をしたいと思います。
その前日、僕たちは札幌から飛行機で仙台入りして、ギタリスト夢人君の誕生日イベントをみんなで過ごしました。仙台以外からも駆け付けてくれて、楽しいパーティーになりました♪♪
終わってからも、メンバー5人だけで集まって、晩ごはん会でした。“ツアー中にごはんするの、これでしばらくないんだよね”って思うと、ちょっと寂しい気持ちになりました。大人になるとだんだんこういう時間が減ってきちゃうけど、やっぱり大切。今回のツアーはライブもいいし、移動して過ごしている時間も充実していました。

その流れのままに仙台公演を成功させて、ファイナルの赤坂BLITZにつなげたい気持ちで、仙台のステージに向かいました。
ライブはセミファイナルに相応しく、一曲目からテンションの高い、気持ちをぶつけ合うようなステージができました。

この日の日替わりの曲の中でも「twilight」は、当時からレア曲だったのですが、夢人君が「やろう」って持ってきてくれて演奏できました。とても雰囲気のある素敵な曲ですよね。過去の曲たちも、いまのほうがもっと表現できる気がしました。

誕生日イベントもありましたが、ライブでももちろんハッピーバースデイでした。笑顔溢れるまま、ラストの「デジタルネバーランド」まで演奏する事ができました♪♪
メンバーの誕生日をこうやってまた自然に過ごせる事が、本当に幸せだと思います。“なんであんなにうまくいかなかったのかな”って思ってしまうけど、いまは僕たちみんなにとって、彩冷えるが居場所だねって再確認できました。素晴らしいツアーでした!

そして……9月26日のツアーファイナルに想いを繋げるのでした☆

彩冷える インテツ

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着