奥田民生、<RSR 2019 in EZO>出張
REC企画で完成した新曲を配信限定リ
リース

奥田民生が、ソロ活動本格始動第一弾シングル「愛のために」発売日である1994年10月21日から、ちょうど25年にあたる2019年10月21日に配信限定で新曲「ライジングサン」をリリースする。
作詞作曲を奥田民生が務めた「ライジングサン」は、<RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO>での出張レコーディング企画“ホッカイカンタビレ”にて<RISING SUN ROCK FESTIVAL>をイメージして制作された新曲だ。

多くのアーティストやライブスタッフが集まる楽屋エリアの一角に特設レコーディングブースを設営し、総勢19名の豪華ゲストアーティストを招いてレコーディングを実施。最後に真夜中のボヘミアンガーデンステージで行われた同曲のお披露目の場に集まった約1,000名のオーディエンスのコーラスをレコーディングして完成した。

本日より試聴用映像も公開されたので、その豪華な音の重なりをチェックすることが可能だ。

さらに、“ホッカイカンタビレ”の模様が、SPACE SHOWER TVで特番放送されることも決定した。これまで“ホッカイカンタビレ”の模様は一般公開されておらず、イベント当日に来場した人のみが会場内で映像を通して観ることができた。同放送でその企画の全貌も明らかとなる。また、番組の最後には「ライジングサン」のミュージックビデオも初公開される予定だ。
■新曲「ライジングサン」配信情報

2019年10月21日配信限定リリース
▼レコーディング参加アーティスト(敬称略 / 順不同)
奥田民生:Vocal / Guitar / Bass / Drums / Chorus
増子直純 (怒髪天):Vocal / Chorus
崎山蒼志:Guitar / Chorus
真心ブラザーズ (YO-KING / 桜井秀俊):Vocal / Guitar / Chorus
GLIM SPANKY (松尾レミ / 亀本寛貴):Vocal / Guitar
ASA-CHANGPercussion
エマーソン北村:Keyboard
中村達也:Drums
Rei:Guitar
フジファブリック山内総一郎 (Guitar / Chorus) / 金澤ダイスケ (Mellotron) / 加藤慎一 (Bass)
Très Joyeux:金原千恵子 (Violin)&笠原あやの (Cello)
吉川晃司:Vocal
湊雅史:Drums
ウエノコウジ:Bass
TOSHI-LOW (BRAHMAN / OAU):Vocal
2019年8月17日<RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO>ボヘミアンガーデンの奥田民生ステージにお集まりいただいた皆さん:Chorus


■特番『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO 「ホッカイカンタビレ/奥田民生」 MAKING SPECIAL』

放送局:SPACE SHOWER TV
初回放送:10月26日(土)21:00~21:30
リピート:11月02日(土)23:30~、11月17日(日)22:30~
番組内容:<RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO>楽屋エリア内に設置された「ホッカイカンタビレ特設スタジオ」にて、出演ミュージシャン達と一緒に<RISING SUN ROCK FESTIVAL>のイメージソングのレコーディングを敢行した、奥田民生による特別企画「ホッカイカンタビレ」。
 残念ながら1日目は開催中止となってしまったものの、たくさんのゲストアーティスト、そしてお客さんの声がレコーディングされ、このフェスをイメージした楽曲「ライジングサン」が完成した。番組では、21年目という新たな時代を迎えたイベントの門出を祝うべく生まれた「ライジングサン」の、楽曲完成に至るまでの模様を紹介。さらに、番組の最後には完成したばかりのミュージックビデオを初公開予定。
http://sstv.jp/okudatamio

■ライブ記録映像集『RISING SUN OT FESTIVAL 2000-2019』

2019年12月4日(水)発売
【DVD:Disc1(本編)+Disc2(特典)】¥10,000+税(RCMR-2009~2010)
【Blu-ray:Disc1(本編)+Disc2(特典)】¥12,000+税(RCMR-2507~2508)
収録曲:Ⅾisc +Disc2 合わせて約60曲を収録予定 ※DVDとBlu-ray、収録内容は同じ
仕様:三方背ケース/デジパック/ブックレットつき/ 「OT25th」ステッカー封入
収録内容:奥田民生、<RISING SUN ROCK FESTIVAL>初参加の2000年から20年。ソロ、バンド、ユニットなど、様々な形で出演したライブ映像を集め、さらに本年(2019年)の楽屋エリアで繰り広げられたレコーディング企画“ホッカイカンタビレ”など最新映像も収録予定。

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着