【ライブレポート】iri×Yogee New
Waves、初のレーベルイベントで競演
「めちゃくちゃ楽しみにしてきました

2019年で設立9年目を迎えるビクターエンタテインメント内のレーベルColourful Recordsが、9月20日(金)と21日(土)の2日間、初のレーベルイベント<Colourful Records presents“Match Up”>を開催した。
同公演はビクターエンタテインメントが運営するライブハウス「Veats Shibuya(ビーツ・シブヤ)」のオープニングイベントとして行われたものだ。以下、Yogee New Wavesiriが出演した9月21日(土)公演のオフィシャルレポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

9月20日(金)にオープンしたJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントが運営する新たなライブ&カフェ・スペース「Veats Shibuya(ビーツ・シブヤ)」。2日目のオープニングイベントは<Colourful Records presents Match Up” Day2>と銘打たれ、唯一無二のグルーヴを奏でるYogee New Wavesとiriによるツーマンライブが行われた。

キーボード、ベース、ドラムからなる3ピースバンドを従えてステージに登場したiriは、大きな歓声に迎えられて、新機軸とも言えるアシッドジャズナンバー「Sway」でライブをスタートさせた。grooveman Spotが手がけたダンストラックと生演奏を融合させた「CAKE」に続き、言葉にならない意義があるというメッセージを込めたディスコファンク「半疑じゃない」ではたたみかけるようなラップでグルーヴを上げていくと、フロアからはクラップが沸き起こった。
MCでは、「今日はYogee New Wavesとの2マンをめちゃくちゃ楽しみにしてきました」とあいさつした後、「新しくできたライブハウスでおニューな感じ。いいライブハウスです。みなさん、これからたくさんきてください」とVeats Shibuyaをアピール。その後、彼女はTokyo RecordingsによるオントレンドなオルタナティブR&B「Slowly Drive」「Corner」を連発。1日を頑張った証でもある“ドロドロのメイク”というサビでオーディエンスにマイクを向けると、フロアからはシンガロングが沸き起こり、「一緒に歌いましょう」と呼びかけた「Wonderland」はさらなる大合唱となった。
そして、「ナイトグルーヴ」は、アコースティックギターでリズムを奏でながら観客を踊らせ、配信リリースしたばかりの新曲「SUMMER END」を初披露。タイトル通り、過ぎ去っていく夏に後ろ髪を引かれるような独特のタイム感を湛えたレイドバックサウンドでやるせない思いを伝え、重厚な低音の効いたR&B「Only One」では観客が手をあげて盛り上がり、バンドによる強固で濃密なグルーヴが際立つ「rhythm」で、“自分のリズムで生きていこう!”というメッセージを送り、「この後、めちゃめちゃヤバいライブがあるから。最後まで一緒に盛り上がろう」と声をかけてステージを後にした。

続いて、ステージ上に設置されたバンドのネオンサインが光り、Yogee New Wavesのメンバーがゆったりとした歩みで登場。トロピカルなムードのラヴァーズロック「Megumi no Amen」でライブは始まった。満面の笑顔で“楽しいことやるのさ、なぁ兄弟!”と呼びかけると、観客からは「Yeah!」という声がそこかしこから上がり、ライブ人気の高い「Summer」ではラテンからルーズへと自由自在にビートを変えながら、観客の心と体をリラックス&スロウダウンさせた。

最新の3rdアルバム『BLUEHARLEM』の収録曲であるハッピーサッドな「Good Night Station」で心地のよい雨を降らせると、観客は高く掲げた手を左右に振りながら一緒に歌う。キャッチーでファンキーなアップテンポのソウルポップ「CAN YOU FEEL IT」ではコール&レスポンスと速いパッセージのクラップで盛り上がり“来世でまた会おう!”というフレーズには熱い歓声があがる。2014年にリリースしたデビューEPの表題曲で、彼らの名を一躍知らしめたネオシティポップ「Climax Night」では観客全員のシンガロングが鳴り響き、フロアはハッピーなムードで包まれた。ここで、サポートメンバーとして、キーボードの高野勲とパーカッションの松井泉が紹介され、「スペシャルセットでお送りしてます」と伝えられた。
その後、フュージョンナンバー「HOW DO YOU FEEL?」で“調子はどうだい?”と呼びかけ、コンガとシェイカーのきいた「Bluemin’ Days」では“踊る君に花束をあげよう”と歌い、彼らのアンセム「Ride on Wave」ではコール&レスポンスに大合唱も巻き起こり、見事なまでにオーディエンスと一体感溢れる空間を作り上げて本編を終えた。

アンコールにはYogee New Wavesが登場。角舘は「今日は楽しい夜をありがとう」と手を振りながら感謝の気持ちを伝え、「新曲やります」と紹介し、冬にリリース予定の新曲だというドリーミーなブギーファンク「to the moon」をドロップ。波に乗って島を出て、「パライソ」という名の楽園にたどり着いた彼らは月を目指すのか? 今後の展開に期待を抱かせる楽曲にフロアからは歓喜の声が上がるなか、さらに、この日、この場所にふさわしいタイトルの「Good Bye」では歌力で観客を引き込み、「ありがとうございました。また会いましょう」と再会の約束をし、記念すべきこけら落としの2日目の公演の幕は閉じた。

写真◎渡邊玲奈(田中聖太郎写真事務所)

■<Veats Shibuya OPENING EVENT Colourful Records presents “Match Up” Day2 - iri / Yogee New Waves - Supported by タワーレコード40周年>

2019年9月21日(土)東京・Veats Shibuya
出演者:iri、Yogee New Waves

当日のセットリストをプレイリストにして配信中:
https://jvcmusic.lnk.to/matchup_day2
※各ストリーミングサービスで配信中の楽曲のみでの構成となります。

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着