【OAU・山人音楽祭 2019】妙義ステー
ジのラストを飾った、あたたかな音と
強き想い

山人音楽祭 2019【妙義ステージ】 OAU
出番前から高木ブーLOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERSのライブなどに乱入していたTOSHI-LOWが、ようやく大本命のOAU(OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)としてステージに登場する刻がきた。TOSHI-LOWがジャンベを叩き、ドラムのRONZIとパーカッションのKAKUEIと一緒にリズムセッション曲「Banana Split」を繰り広げると、続く「Making Time」から、心踊るカントリーポップが夕暮れの妙義ステージにピースフルな空間を作り上げていった。
コントラバスの奥深い響きと、華やかなバイオリン、ドラムとパーカッションが繰り出す軽妙なリズムにのせて、MARTIN(Vo/Vn/Gt)がメロディを紡ぐと、そこだけ違う世界に迷いこんだような異国情緒が漂いはじめる。キラキラとしたサウンドにのせて、お客さんの声を巻き込みながら歌った「こころの花」、緩急をつけたテンポで翻弄する「MIDNIGHT SUN」へ。英語と日本語と、ふたつの言語を自由に行き来する国境のないOAUの音楽は、その存在自体が音楽の偉大さを伝えるメッセージだ。
演奏がはじまったころは薄暗かった妙義ステージだったが、ライブの終盤頃から、すっかり陽が落ち、テントの装飾にも明かりが灯り始めた。アイリッシュなサウンドに軽やかなソロ回しが決まった「Again」のあと、「ここで終わってもいいんじゃない? G、やらなくても(笑)」と冗談っぽく言うTOSHI-LOW。良き暮らしとは何か?をテーマにしたという「A Better Life」では、仕事に押しつぶされずに、自分の心を満たせるもののために時間やお金を使ってほしいと伝え、「帰り道」では、かの東日本大震災のことを振り返り、大切なひとには言えるときに「ただいま」や「おかえり」を言ってあげてほしいと想いを込めた。アンコースティック編成といえども、その音楽に込められた想いの強度は、ガツンと熱いロックを鳴らしるときとまったく変わらない。そんなTOSHI-LOWの人間臭さに何度でも心を揺さぶれてしまう。
アンコールの「Thank you」まで終えると、タイムテーブルでは30分で終わるはずだったライブが、すでに1時間近く続いていた。それでも、こんな幸せな時間がずっと続けばいいのに、と心から思った。そう言えば、70%の降水確率だったこの日の群馬だったが、少し小雨がパラついただけで、野外の妙義ステージは全てのアクトを無事に終えることができた。ああ、本当に、今日はなんて幸せな1日なんだろう。

文=秦理絵 撮影=タマイシンゴ
OAU

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着