U2が12月15日、2019年最後となる公演をインドで開くことを発表した。彼らが同国でパフォーマンスするのは初めて。公演はムンバイにある、5万人以上を収容するDY Patil Stadiumで開催される。
バンドは、ボノとジ・エッジが、「ボノ、2019年12月15日、何してる?」「インドのムンバイにいるよ。DY Patil Stadiumで行なわれるU2の公演にいる。僕の人生最高の夜の1つになる」と話すビデオを公開した。
ドラマーのラリー・マレンは「ムンバイは、Joshua Tree 2019ツアーを終えるのにピッタリな街だ」と、ベーシストのアダム・クレイトンは「ダブリンの士気をムンバイに持ち込むのを楽しみにしてる。アート、音楽、映画、劇場、文学など豊かな文化、食事、その他諸々で知られている国だ。すごく楽しみだ」と、コメントしている。

<The Joshua Tree Tour 2019>は11月8日にニュージーランドで始まり、オーストラリア、シンガポール、日本、韓国、フィリピン、そしてインドを周る。インドだけでなく、シンガポール、ソウルでパフォーマンスするのも初めて。

日本では、2006年の<Vetigo>ツアー以来13年ぶりとなる公演が、12月4、5日埼玉・さいたまスーパーアリーナで開かれる。

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着