リンゴ・スター、新作でポールと共に
ジョンの楽曲カヴァー「“4人”全員
が関わっている」

リンゴ・スターのニュー・アルバム『ホワッツ・マイ・ネーム』が、10月25日(金)にリリースされる。2017年の『ギヴ・モア・ラヴ』に続く通算20枚目のスタジオ・アルバムだ。
同アルバムには、リンゴがロサンゼルスの自宅スタジオ“ロッカベラ・ウエスト(Roccabella West)”で仲間たちと共に制作した全10曲を収録。コラボレーターには、ジョン・レノンのカヴァー「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」でベースを担当したポール・マッカートニーをはじめ、ジョー・ウォルシュ、エドガー・ウィンター、デイヴ・スチュワート、ベンモント・テンチ、スティーヴ・ルカサー、ネイザン・イースト、コリン・ヘイ、リチャード・ペイジ、ウォーレン・ハム、ウィンディ・ワーグナー、カリ・キンメル、そして初の参加となったサム・ホランダーらが名を連ねている。

アルバムからのファースト・シングルとして公開された表題曲の「ホワッツ・マイ・ネーム」は、2018年夏のツアーからリンゴ・スターのオールスター・バンドに復帰したコリン・ヘイが6年前に書き上げ、“どこかに放り込んだままになっていた”という楽曲だ。リンゴはコリンが自宅に来て同曲を聴かせてくれた時のことを振り返り、「凄く気に入ったね。曲調もよかったし、特にヴァースが猛烈に気に入った」と述べている。
「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」のカヴァー・ヴァージョンは、ジョン・レノンとヨーコ・オノのアルバム『Double Fantasy』(1980年)なども手掛けたプロデューサー、ジャック・ダグラスとのやりとりをきっかけに生まれたのだという。リンゴは「ジャックに訊ねられたんだよ。ジョンのデモを纏めた『The Bermuda Tapes』を聴いたことがあるかってね」と、次のように明かしている。

「僕は、それをほとんど聴いたことがなかった。ジョンは、生前、僕のことを感情に流されやすいタイプだと言っていた。この曲を取り上げたのは、とにかく好きだったからだ。僕はベストを尽くして歌った。ジョンを思いながら、自分の最高の歌唱を披露したと思っている。僕はポールに是非この曲で演奏してもらいたいと思った。で、彼は参加を快諾してくれた。僕のスタジオに来て、ベースを弾いて、僕と一緒にちょっと歌ってもくれた。この曲にはジョンも関わっているわけだし、僕も、ポールも参加しているってことだ。今回のアルバムを宣伝したくて話題作りのためにやったわけじゃない。ただこの曲をポールと一緒にレコーディングしたかったんだ。ジャックがこのトラックに提供してくれたストリング・アレンジをよく聴いてもらえれば、「Here Comes The Sun」のフレーズが引用されていることに気付くはずだ。つまりこのトラックには僕たち“4人”全員が関わっているんだよ」
なお、10月15日(火)にはジェネシス・パブリケーションズより、最新著書『Another Day In The Life』も発売される予定となっている。

ニュー・アルバム『ホワッツ・マイ・ネーム』|『What's My Name』

2019年10月25日(金)発売
UICY-15842 ¥2,500+税
※解説/歌詞対訳付 SHM-CD仕様
【収録曲】
1. ガッタ・ゲット・アップ・トゥ・ゲット・ダウン / Gotta Get Up To Get Down
2. イッツ・ノット・ラヴ・ザット・ユー・ウォント / Its Not Love That You Want
3. グロウ・オールド・ウィズ・ミー / Grow Old With Me
4. マジック / Magic
5. マネー / Money (That’s What I Want)
6. ベター・デイズ / Better Days
7. ライフ・イズ・グッド / Life Is Good
8. サンク・ゴッド・フォー・ミュージック / Thank God For Music
9. センド・ラヴ・スプレッド・ピース / Send Love Spread Peace
10. ホワッツ・マイ・ネーム / What’s My Name

【アルバム&収録曲クレジット】
Produced by: Ringo Starr
Recorded and mixed by: Bruce Sugar
Pro Tools Editing: Bruce Sugar
Recorded at: Roccabella West Studio, United Recording

Gotta Get Up To Get Down (Richard Starkey, Joe Walsh)
Drums, Vocals: Ringo Starr
Guitar, Vocals: Joe Walsh
Clavinet, Synthesizer, Vocals: Edgar Winter
Bass: Nathan East
Synthesizer: Bruce Sugar
BGV: Richard Page, Warren Ham, Windy Wagner, Kari Kimmel

Its Not Love That You Want (Richard Starkey, Dave Stewart)
Drums, Percussion, Vocals: Ringo Starr
Guitar: Dave Stewart
Bass: Nathan East
Piano: Jim Cox
Clavinet: Benmont Tench
Synth Horns: Bruce Sugar
BGV: Windy Wagner, Amy Keys
Additional Engineering: Ned Douglas

Grow Old With Me (John Lennon)
Drums, Vocals: Ringo Starr
Bass, BGV: Paul McCartney
Guitar: Joe Walsh
Piano: Jim Cox
Violin: Rhea Fowler, Bianca McClure
Viola: Lauren Baba
Cello: Isaiah Gage
Accordion: Allison Lovejoy
String Arrangement by Jack Douglas, Daniel Cole
Assistant Engineer on string session: Wesley Seidman

Magic (Richard Starkey, Steve Lukather)
Drums, Percussion, Vocals: Ringo Starr
Guitar, Piano: Steve Lukather
Bass: John Pierce
Synthesizer: Bruce Sugar
BGV: Richard Page, Warren Ham, Windy Wagner, Kari Kimmel

Money (That’s What I Want) (Berry Gordy, Janie Bradford)
Drums, Percussion, Vocals: Ringo Starr
Guitar: Steve Lukather
Bass: Nathan East
BGV: Maxine Waters, Julia Waters
Piano, Organ, Synth: Bruce Sugar

Better Days (Sam Hollander)
Drums, Percussion, Vocals: Ringo Starr
Piano: Grant Michaels
Organ: Peter Levin
Bass: Kaveh Rastegar
Guitar: Pete Min
BGV: Zelma Davis, Garen Gueyikian
Horns: James King
Produced by: Ringo Starr, Sam Hollander

Life Is Good (Richard Starkey, Gary Burr)
Drums, Percussion, Vocals: Ringo Starr
Guitar: Steve Lukather
Bass: Nathan East
Organ: Benmont Tench
Synthesizer: Bruce Sugar
BGV: Richard Page, Warren Ham, Windy Wagner, Kari Kimmel

Thank God For Music (Richard Starkey, Sam Hollander)
Drums: Percussion, Vocals: Ringo Starr
Guitar: Steve Lukather
Synth Bass, Piano, Organ: Jim Cox
Synth Voice Pad: Bruce Sugar
BGV: Maxine Waters, Julia Waters

Send Love Spread Peace (Richard Starkey, Gary Nicholson)
Drums, Percussion, Vocals: Ringo Starr
Guitar: Steve Dudas
Bass: Nathan East
Organ, Piano: Benmont Tench
BGV: Windy Wagner, Amy Keys

What’s My Name (Colin Hay)
Drums, Percussion, Vocals: Ringo Starr
Guitar, BGV: Colin Hay
Guitar: Steve Lukather
Bass: Nathan East
Harmonica: Warren Ham
BGV: Maxine Waters, Julia Waters

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着